自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.04.11 Mon
アドバイザー
私には強力なアドバイザーが数人います。

皆さん博識で、私など足元にも及びません。
飼育歴や栽培歴も、私がオネショしていた頃から既に開始していた各分野のエキスパート(自称含め)
「お前そんなことも知らないのかよ!」とか「蔵さんね、そこは違うよ」と頻繁にアドバイスしてもらえます。

ただ、ここに大きな落とし穴があります。
それは各アドバイスの方向性が違うパターン。
いや、もちろんどちらのアドバイスも「なるほどー!」と説得力があるのですが、着地点が決定的に違うのです。
その場合、どちらも選べない状況になります。
ほとんどの場合、この状況になったら問題点を二度と口にしないことでクリアできます。
ただ、どうしてもカチ合っちゃう事もあるのです。
例えば「殖えない」「長期飼育できない」のパターン。
Aさんのアドバイスを取り入れるか、Bさんのアドバイスを取り入れるか。
さらっと両方の良いトコ取りでいけそうな気もしますよね・・・。
でも、その八方美人作戦ををやると泥沼になるのです。
結果が出た後に揉めます(実体験アリ)
「俺のアドバイス通りだっただろ」「いや、俺のアドバイスが有効だったはず」と。
「で、蔵さんはどっち側につくの?」みたいな。

こんな小学生の班分けバトルみたいなことが大人の世界でもおこるのです。

もちろん上記例文は内容を変更していますが、過去に大揉めになって派閥ができて、某店で出禁寸前になったこともあります。
これをイイ歳のおっさんたちが、なかば本気でやらかすのです(笑)

私の好きな爬虫類や虫の世界は、やや偏った人が夢中になりやすいせいか、往々にしてそのポテンシャルを秘めたひとが多いです。
もちろん真剣に考えて真剣にアドバイスしてくれるのですが、まぁ皆さん自己解釈を曲げないのです(笑)
と同時に、排他的な世界観を好む人も若干ですが存在します。
仲間内では明るく楽しい人なのに、新入りには異常に厳しいとか、揚げ足ばかりとって排除しようとします。

私は自分の興味を追求する過程で、必要だと感じたら人のアドバイスも素直に聞くので、瞬時に考えを180度変えることもあります。
でも、そうではない人が多いということも認識しております。

HPを持ってしまうと、この辺の問題は益々複雑化します。
もう飼育法とか写真とか学名とか、消してしまおうかと思うこともあります。
毎日キャッキャッ言いながら、ふわっとしたブログでも書いて問題出たらブログ記事を消して、あとは知らん顔とか(笑)

でも、HP作ってブログやらfacebookとか更新していると、この趣味を続けるうえでメリットが多いのも事実。
打算的な意味で、今後も続けるんだろうな(笑)
そういう意味では、排他的よりも打算的な方が断然ダークだと実感する深夜2時でした。

なんの話だっけ・・・
そうだアドバイザー。
あちらを立てればこちらが・・・的な話ですが、今後も事なかれ主義全開でスルスルといきますので宜しく。

以上!

未分類    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2016.03.29 Tue
ワラジムシ落ちた日本○ね
いよいよornatusがラスト1匹になりました。
絶望的状況です。
expansusも風前の灯です。
原因は誰のせいでもなく、全て私のせいです。
恐らく腐葉土がダメだったようです。
あと、卵パックもダメだったくさい。

環境改善したけど、既に手遅れでした。

腐葉土は捨てるのも忍びないので実家の母親にあげました。
本来の役目を果たしてくれると思います。

なんか最近、ワラダンの熱が冷めてきてしまった。
なんでだろう。
私生活が猛烈に慌しいのは確かにあるけど、そんなのは今に始まったことじゃない。
飼育に飽きたわけじゃないので、チマチマと世話して楽しんではいるけど、新たな野望とか湧かない。
いろいろ考えて、原因を探してみた。

で、判明した。


花粉だ。
それが全て。

生産性が著しく低下し、猛烈な倦怠感の中で日々過ごしている。
今年からは新たに口内炎が出るようになった。
最初は薬の副作用かと思ったけど、実は花粉のアレルギー反応だった。
口腔内で常時2個は発症している。
味噌汁とかスープとか痛くて飲めない。
まぁ我慢して飲んでるけど。
眼も霞むしクシャミは止まらないし喉は痛いしお金も無い。
お金は関係ないけど。

あーあ、なんか面白いことないかな。
または一瞬で国内の花粉が全て消滅しないかな。
そもそも花粉症は、国が戦後に杉植えまくって増やしたのが原因なんだから、花粉症の人は日本国から優遇されるべきだと思う。
税金の花粉控除とか高速道路通行料割引とか、電車バスの運賃割引とかね。
そんなの絶対無理だけどね。

くそ!こうやって文字を打ちながらモニター見ていたら、また眼が霞んできた。
なんかおじいちゃんみたい!

イライラするからもう寝る!

ダンゴムシ    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2016.03.15 Tue
昼夜平分
みなさんご存知の通り、昼夜平分といえば昼と夜がジャスト12時間、どちらもイーブンな状態のことです。
一日のうち、昼も12時間、夜も12時間。
夜型の人と昼型の人が同じ土俵で語り合える(?)貴重な日です。
日本国内でも緯度によって違いますが、東京は3月17日くらいだそうですよ。

全て今日読んだマンガの受け売りですがね。

さてさて、我が家のワラダンですが、2種類だけどうにも上手く回せない奴らがおります。
Porcellio expansusとPorcellio ornatus(モルフ)の2種類。
expansusは元々が高値だったので飼育当初から数が少なめで、現在までに3匹が落ちた程度ですが繁殖に至らず。
下の写真のornatusは安かったので30匹スタートでしたが、環境に馴染めず現在3匹という悲惨な状況。
160314-231750_R.jpg

そして、この2種類に共通する不可解な現象が「共食い」という点。
恐らく脱皮直後の柔らかい時に腹を食われて死んでいます。
テトラミン等の動物性飼料も与えていますが、どうにも防げません。
で、友人の友人のアドバイスから、ある餌を与えるべく、環境をリセットしました。
160314-232253_R.jpg

これでダメなら心機一転、再度入手してリスタートします。
つまり、それが書きたかったというお話(笑)
まぁ現在どうしても欲しいのはPDTだけなんですが、確認していないので入手できるかどうなのかも不明です。

それと、私にとって慎重にならざるを得ないソメワケネタ(笑)です。
古くからの知り合いはご存知だと思いますが、過去いろいろありまして表には登場していませんが、実は昔から飼ってます。
ちなみに現在は、10年以上続いているmixiのソメワケコミュ管理人でもあります。
10年前はこんなソメを殖やしていました↓
125567371_196_R.jpg
いろいろ問題が出てきて、この血統は現在存在しておりませんが、それはそれは白いソメワケでした。

で現在。
コーラルザンティック(US血統)とアネリを軸に、セコセコと殖やしております。
毎年とんぶりにも出しておりますが、噂では最近、国内産デザイナーズソメワケ()なんてのも存在するようです。
そこまで難しく考えなくても、単純に殖やすだけなら簡単なので、盛り上がっているようですね。
そんなソメワケですが、先日霧吹きしたらザンのベビーが自切しました。
160311-130250_R.jpg

霧吹きで驚いて自切って、メンタル弱すぎだろ(´・ω・`)

未分類    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2016.02.28 Sun
やっとキタ!
今回は本当に長かったです。
もうダメなんじゃないかと、半ば諦めの気持ちも芽生えておりましたが。

あ、車検なんですけどね。

かれこれ3ヵ月近く自分の車に乗れませんでした。
壊れた部分は後輪左のブレーキキャリパーのガイドピンみたいなパーツ。
ディーラーが何度もパッド交換勧めるから不審に思い、自分でホイール外して確認したら、なんと針金で固定されていました。
元々ふざけた店だったけど、流石にもう懲りました。

今回は地元の修理工場で依頼したら、今度は部品が入手できず、このザマでした。
部品をバックオーダーして待つこと丸2ヶ月以上。
その間、修理工場に車を預けたままで車検も切れてしまい、昨年クリスマス前から車なし生活でした。
で、やっと直り車検も通りました。
がしかし、加速性能や乗り心地、見てくれ等には一切関与していない箇所なので、直って戻ってきてもピンときません。
つくづく、アメ車の維持の難しさと、国産車のアフターサービスの素晴しさを痛感しました。

ま、そうは言っても恐らく次も国産車には乗らないけど。
貧乏なくせに外車とかバカみたいだけど、国産車は狭くて物理的に厳しいのです。
財布に優しい中古車で、運転席が広くてシートが後ろまで下げられるのはアメ車が一番なのです。
国産のハイエースとか罰ゲーム並みに乗れません。
てか、少し考えて車作って欲しい。
平均身長伸びてるんだし、服も車も小さすぎるよ、日本の規格は。

よくこういうことを書くと、自慢だととらわれますが、そうじゃなくて本気で大変なんです。
例えば服とか、欲しくても着れるサイズが無いんですよ。
LL?XL?そんなサイズはまやかしです。
ほとんど横に大きいだけで、丈がぜんぜん足りないんです。
日本のビッグサイズ=デブサイズなんです。
身長165cmくらいで100kg用ととかが日本のビッグサイズ。
これは昔からの悩みで、友人達と服を買いに行っても笑をとるだけで何も買えるものがありませんでした。
このネタを言うと面倒臭そうに「最近はけっこう大きいサイズあるよ」と言われるたびに、じゃあその店に一緒に行こうと出向き、撃沈します。
「180cmくらいなら普通に着られるよ」とも言われますが、せいぜい185cmまでなんですよ、それを着こなせるのは。
それ以上の身長の人は「いや、着れてないこともないですよ」と店員に半笑いで嘘を言われるか、同情的な顔をされて終わります。
なのでもう諦めていますが、それでも店に行くと大きなサイズが無いか探してしまいます。

更に最悪なことに、最近は体が横にも大きくなってきました。

ただでさえ厳しいのに、自分で自分の首をしめるとは正にこのことです。

もし生まれ変われるなら、次は180cmくらいで成長を止めてシュッとした格好で歩きたい、そう思う花粉飛び交う春の日でした。
さぁ車も戻ってきたし、見送っていたあんなトコやこんなトコに行きまくろう♪

雑記    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2016.02.11 Thu
ミクロな視野
春ですね。
春といえば春節。
私を含め、我々日本人にはピンと来ない人も多いですが。
お隣の国では爆買いで大騒ぎです。
経済を停滞させないために、是非頑張っていただきたい。

その春節ですが、中国の人達は春節になるとお休みモードになります。
みんな働かないので、物流も完全に麻痺します。
私が1月下旬にオーダーした某アイテム、奇跡的に春節真っ只中の先日届きました。
珍しいこともあるなぁと思いながら開封すると、合計4個頼んだアイテムが1個しか入っていません。
しかも一番安い約1ドルのアイテムが1点のみ(笑)
さすがに開封前から明らかに小さくて軽かったので、あらかじめ開封作業をビデオで撮影しておきました。

で、まずはジャブ程度に「どいういことコレ?なんで1個なん?」って感じのメッセージをセラーに送ります。
返事はすぐくることもあれば、24時間経過してからくることもあります。
様々なパターンを経験してるってことは、まぁそういう対応が実際多いって話です。
つまり、デフォルトで「足りない」「違う」「壊れてる」が多発します。

今回はメッセージに応答が無かったので、次に写真を添付して送りました。
この時点で、インボイスに「商品合計1点、合計●ドル」って書いてあるので、もう既に動かぬ証拠です(笑)
今回はここで相手から「親愛なる友よ!」みたいなメッセージが届き、不足分を3日以内に発送すると約束してくれました。
もしここでもスルーされたら、結構大事になりそうな感じですが、実際はカード会社に「詐欺られた」と連絡するだけです。
実際、パソコンのモニター見ながら無表情にポチポチとクリックして、家に届くの待つだけなので、海外取引と言ってもヤフオクと大差ありません。

あ、何を頼んだのかと言うと単なるデジタル湿度計なんですけどね。
1個2ドルもしないアイテムなので、3個頼んで仮にロスしても痛手は少ないです(笑)
ちなみに1個2ドル以下なのに国際送料込みです。
ダンゴムシプラケの湿度を測るデジタル湿度計が3個で1000円以下。
こういう小さな設備変更が、飼育自体変化が少ないダンゴムシには最高の燃料になります。

そんな無理やり感が満載な軌道修正でダンゴムシネタにもっていきます。

殖えたボリバリが想像以上にボリバリでした。
まだベビーなのに。
160208140349151578387_R.jpg
既にフチがジャギジャギしてます。

ちなみにこの子供、どれくらいのサイズかといいますと・・・
160208140730151799409_R.jpg
こんな感じ。
左上から伸びているのはボールペン先です。
皆さんもお手元のボールペンを眺めながら見比べてください。

とりあえず、報告はそんな感じです。
あ、そうそう、書き忘れてましたがカメルーンダンゴムシのマットは気持ち深めがいいです。
あいつらはメスが潜って蛹室みたいなのを形成して、そこで子を産みます。
浅くても産まなくはないですが、産む場所がないと持ち腹の状態で死ぬこともありますよ。
以上、ラスト3行に超重要情報をサラっと書いて終了です。
写真が撮影できたら蛹室風のを載せますが、撮影するまえにメス親が産み終わって出てきちゃった。



ダンゴムシ    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。