FC2ブログ
自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | ソメワケ | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2019.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019.09≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
2016.10.03 Mon
とんぶり
今年もとんぶりが終わりました。
毎年出展しておりまして、今年で7回目か8回目かな?
よく覚えていませんが、東京開催が決まってから出続けている気がする。
その前はマイクロバス借りて、大勢で東京から新大阪に出向いたりしてました。
あれから10年以上経ったんですね。
最近すっかり忘れっぽくなり、年齢の壁に立ち向かう勇気が薄れてきました。
花粉症みたいに、抵抗力が失われてくることで状況が楽になるなら、忘れることも甘んじて受け入れようかと思った思わなかったり。
そんな感じのポジティブな後ろ向きで、元気よく前進あるのみです。

さてさて今年のとんぶり。
前夜まで全く準備しておらず、完全に出遅れました。
半泣きで準備を始め、ヤモリのパッキングに苦戦し、途中から嫌になってきてダンゴムシのパッキングを止めました。
今回はMtisさんや新宿ホイホイロードさん、Eggさんやペポニ等、ワラダン出すブース多そうなので、私の出る幕はないだろうと勝手に予測しての英断。

そんなこんなで、とりあえず日付変更してしまい、もう完全に準備を投げ出し前夜は寝ました。
もちろん粗方の準備は終わらせましたよ、強引に。
「出品物のスリム化」という魔法の言い訳でね。

当日は朝7時に起き、シャワーを浴びて昨夜したパッキングをチェックし、車に積み込んで出発。
うちから5分で共同出展者のひとり、某T氏を拾う。
そこから15分の二子玉川駅で同じく共同出展者の某院長を乗せ、三人揃ったところで会場に向かう。

会場がある横浜の地理は三人共ぜんぜん詳しくない(笑)
三人とも世田谷区民で、比較的都心部の地理には詳しいが、実は都民は意外と横浜に行かない。
別に避けているとか変な考えは皆無で、単に用事がないから。
なのでGoogleナビで会場へGo!
このGoogleナビが糞だった。
音声案内で二股の分岐がきても「直進です」しかいわない。
右か左か言わないので、全然役に立たない。
最終的には降りるべき高速出口の分岐を通過した瞬間「高速出口です」と。
もちろん降りられず、次のインターまで行き、一般道で狭い横浜の道を走り会場に向かう。

会場の駐車場は大桟橋駐車場がベストだと聞いていたので、特に問題なく止めて徒歩で会場へ。
一般入場口には既に60人くらい並んでいるのを尻目に、そそくさと会場入り。
慌てて準備していると、知り合いが訪ねてきて挨拶タイムでその都度作業中断。
みんな早くからきて準備しているから、とっくに設営が完了し、他のブースを見て回っています。
そんな中、ギリギリまで作業している自分らが悪いんですがね。

で、値札つける間もなく開場時間到来。

開始早々にダンゴムシ完売。
そりゃそうだ、4匹(4パック)しか持参しなかったから(汗)
その後も「リストのダンゴムシどれですか?」とお客さんが次々。
完売を告げると「出遅れたかぁ」と悔しそうですが、悪いのは私です。
だって4匹しか持ってこなかったんですから。
お客さんは自分が早く来なかったこと悔やんでいましたが、悪いのは全て私で、皆さんは悪くないです。
本当にごめんなさい。

アグラオネマも4株しか持参せず、開場してすぐに売れてしまいました。
こちらもトリカラーのチャンプールAZ便という情報しか書いておらず、購入者は戸惑っておりました。
その都度、親株の写真を見せて説明。
準備が後手後手ですいません。

予想外に苦戦したのがソメワケ。
20匹持っていき最終的に3匹売れ残りなので結果オーライですが。
ちなみに、うちのブースで出したノーマル個体は全てヘテロかポッシブルヘテロです。
しかもWヘテロとかの超豪華なやつら。
お値打ち価格で放出したので、導入された方は是非繁殖させてみてください(笑)

今回のイベントで唯一心残りだったのが、お知り合い数名の方に挨拶できなかったこと。
本当に痛恨の極みです。
下手したら一年は会えないかもしれません。
悔やんでも悔やみきれないです。

あと、嬉しかった点は美味しい差し入れ。
吉祥寺のKさん、高級肉まんありがとうございました。
スタッフ全員、美味しくいただきました。
Kさんには毎回感謝しております。
今回は準備不足で食事を買いに行く暇もないほどバタバタだったので、本当に助かりました。

こうして無事(?)とんぶりが終わり、三人で帰る車内、必ずやるのが反省会。
「来年はココやアソコを改善しよう」と意見は出ますが、実行されません。
恐らく来年も改善されないと思います。

そうして歳を重ね、いつの日か開催日を失念して空席のブースが出るまで、私たちは挑戦し続けます。

最後になりましたが、運営の事務局の皆様、会場に携わった全ての皆様、本当にお疲れ様でした。
そして当ブースで購入してくださった皆様、本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

イベント    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2016.09.10 Sat
偶然…
先日、とんぶりに出展できそうだというブログを書きました。
おかげさまで順調に準備しております。
これも偏に皆さまのおかげです。
ありがたきしあわせ。

ここ一か月、色々と目まぐるしく生きぬいてまいりました。
人生万事塞翁が馬です。
意味はよく知らないけど。

まず8月。
伊豆の別荘で盆休みを過ごす。
マイカー(死言)で移動できるのは幸せです。
でも避暑地のくせに暑くて死にそうでした。
別荘にはエアコンがありません。
来年までには確実に取りつけます。

そして盆休みも終わり、仕事復帰。
その最初の週末に茨城遠征。
遠征と言っても遊びです。
ほぼバレバレですが、もう一つの趣味の集いに参加。
面倒なので、以後この趣味をT遊びと書きます。
デビューから一年、面白くて面白くてたまりません。
茨城チームに混ぜてもらい、初日にBBQやったり温泉行ったりして皆で貸バンガローに宿泊。
まぁ皆さんよくお飲みになる方々で、付き合って2時まで飲んでました。
翌朝は川遊びの予定でしたが前々日の雨で増水していて中止。
代わりに再びBBQ。
夕方、東京に帰還したけど、よく飲んでよく遊んだ。

しばらく真面目に働き、9月最初の週末。
T遊びの東京・大森チームに仲間入りさせてもらう。
友人が所属しているチームで、後から知ったけど実は歴史あるクラブでした。
簡単な自己紹介を澄ますと、早速皆さんで飲みに出かける。
茨城チームは笑顔が絶えない陽気な職人気質のメンバー達で、大森チームは陽気なドリフターズのメンバーみたいな人達。
皆さんイイ感じで趣味の世界を楽しんでおり、今までぼんやりと自分が目指して部分がクッキリと絵になってきました。

で、今週の水曜日。
通勤中に信号待ちしてたら、横断歩道の向こう側に知ってる顔の女性が…。
必死に思い出そうとするも、全然思い出せない。
視線があったら挨拶しないといけないとマズイかなぁ…なんて考えてたら、信号が青に。
仕方なくギリギリまで視線を合わせないように歩き、すれ違う寸前に思い出しました。
広末涼子でした。
挨拶しなくてよかった(笑)
ちなみに、この信号から20mほど進んだ遊歩道で、何年か前に武田鉄矢にも会いました。
その時は突然目があったので、咄嗟に「こんちはー」と挨拶してしまいました。
そして武田鉄矢も条件反射的に「こんちはー」と頭を下げてくれました。
挨拶を交わして数歩すすんだところで武田鉄矢だったと気付き、すごく恥ずかしかったです。

そんなこんなで木曜日、つまり二日前。
平日の仕事休みを利用して運転免許証の更新。
最寄りの警察署へ出向く。
更新の申請書を書き、視力検査を終え、新しい免許証の発行を待つ間、安全運転のビデオを強制視聴。
パイプ椅子の視聴覚室には総勢8名。
その中に知っている顔を発見。
なんと前回のブログにも登場した、毎年一緒にとんぶり出展する仲間の1人が椅子に座っていました。
彼が実家から引越してきて同じ区内に住んでいるのは当然知っていましたが、平日のしかも午前中に警察署で免許更新するタイミングが同じなんて、流石に驚きました。
恐らく15分ずれてたら顔を合わせることもありませんでした。
あまりの偶然に、声を掛ける前にお互い目があい笑ってしまいました。

そんな偶然の出会いが炸裂した一か月でした。
炸裂も面白いけど、もったいないから『偶然』は月イチ間隔くらい小出しで楽しみたいです。

雑記    Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2016.08.18 Thu
To be or not to be, that is the question.
夏が終わり、快適な日々が続いています。

連日そんな妄想をしては溜息をついております。
先日、職場のエアコンが壊れました。
あいにく私の仕事部屋は個室なので、自分で報告しないと誰にも気付かれません。
なので慌ててBOSSに報告したら「この暑いのに大変だね」と。
いや、欲しいのはねぎらいじゃなくて新しいエアコンです。
前回壊れた際も自分で分解して基盤を調べ、回路の一部をジャンプさせたりして強引に修理していました。
流石に限界ですが新しいエアコンの話が出ないので、再び修理することに。
現在27℃設定では冷たい風が勢いよく出るようになったので、秋がくるのを切望している毎日です。

さて、本題ですがとんぶり、無事出展できそうです!
紆余曲折ありましたが、二次募集でエントリーして出店できるところまでこぎつけましたよ。
孤立無援で背水の陣という状況のなか、ひとりで頑張ってくれた友人に感謝です♪
いや、お前も手伝えっよ!て話ですがね(笑)

しかし危なかった。
とんぶりに焦点を当てて殖やした大量のソメワケ、どうしたものかとガクガクブルブルでした。
もし出展できなかったら、あの大メシ喰らいのヤモリ軍団の前で、泣きながらもう一年 イエコを殖やす日々でした。
今でも投げ出したくなるような日々なのに。
ザンティックだけで2桁いますからね。
ヘテロまで含めたら壮絶な量の餌を消費します。
早く放出して楽になりたいです。

あ、あと今年は植物も並べる予定です。
とりあえずチマチマと植物も世話していますが、アグラオネマをどうしようかと。
アグラオネマって一時の過熱も落ち着き、だいぶ価格も戻りましたが、今でも出したら捌けるのかな?
ピクタム・トリカラーを何種類か増やしてますが、並べても見向きもされないと帰りの荷物が増えるだけなんですよね。
そんなことを漠然と考えていたら、花芽がついてしまいました。
160817-190848_R.jpg

今まで株分けで増殖させてきたので、花芽がついたことはありませんでした。
どうせなら花を咲かせて種を採るのも面白いかも…と思っていましたが、この株の根元に脇芽が出てしまったんです。

しかも4つも。
160817-191225_R.jpg

アグラオネマって花芽は切るのがセオリーなんですよね。
そうしないと花芽に栄養を持っていかれて全体の成長が止まるらしいです。
ネットでアグラオネマ関連を検索すると、十中八九「花芽はすぐに切るべし」と書かれております。
でもごく一部の個人ブログでは「種から育てる実生株の魅力は計り知れない」的な話もヒットします。

咲かせるにしても、現状では脇芽が4本も出てしまい、親株そのもののポテンシャルではキャパオーバーです。
例えば、いま慌てて掘り出し、脇芽をカットして親株を元通り植えなおしたとします。
その場合カットした脇芽に根を少しずつ持っていかれ、親株の根そのものが小さくなるので水揚げが難しくなり花芽が弱ります。
ct_R.jpg
こんな感じで赤いラインで切ると、本体の根が減少してしまう。
実際には子株が幹から直接出ますが、描きにくいのでわかりやすく表現しました。
逆に、セオリーに従い花芽をカットすれば、脇芽のカット後も回復が早い。でも花は咲かないし種も採れない。
花を取るか脇芽を取るかで展開が変わります。

つまるところ、花芽を切るべきか切らざるべきか、それが問題です。

雑記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2016.07.18 Mon
エル・プサイ・コングルゥ
ワラダンは安定しています。
特に何も変化はありません。
安定しているということは、特別な試行錯誤的冒険もしていないということ。
つまり、手抜き(〃▽〃)

いやね、こう暑いとどうにも動きがにぶるんですよ、虫も人も。

そして愛車が修理から上がって3か月、再びの故障です。
今回はやばかった。
出先からの帰り道、中央高速の上り車線を走行中に前触れもなくエンジンの回転が急低下。
アクセル踏んでもみるみる減速して、必死に左の路側に退避。
ところが左の車線に移動したとたん、エンジンが奇跡の復活。
しかし、復活と同時にインパネにエンジン警告灯が点灯。
とりあえず次の八王子インターで高速を降り、一般道で帰還を目指す。
目標の修理工場は自宅から車で3分のところ。
距離はあるけど、もし一般道なら止まってしまってもレッカー呼んで近くの修理工場へ運ぶだけ。
とりあえず国道20号ルートで自宅を目指すも、それっきりエンジンの不調は皆無。
とりあえず修理工場に預けて安心したい一心で、祈るように地元を目指す。

かれこれ40分くらいかけて環八と20号の交差点に到着。
ここを右折して用賀方面に向かえば、5分で地元に着く。
20号の右折車線先頭で右にウインカーをつけて信号待ちをしていたら…
まさかまさかのエンジン完全停止。
慌ててエンジンを掛けると、再びすぐに掛かる。がしかし、再び回転数が落ちてエンジン停止。
信号はもうすぐ青になる。
もし交差点の真ん中で車が動かなくなったら、迷惑どころの騒ぎじゃない。
ちなみにGoogle先生で見るとこんな場所
208_R.jpg
心臓がバクバクする。
とりあえず自分の本能が、エンジンをギリギリまで掛けるなと警告している。
落ちつけ落ちつけと自分に言い聞かし、青になった瞬間にエンジンを掛けてアクセル全開ロケットスタート(笑)
見事に交差点を曲がり、環八に合流。
しかしここで再びエンジン停止。
ハザード出してすぐにエンジン掛けると何事もなく始動。
ここにきて、どうやらアクセルを吹かし続けると、不安定ながらもエンジンの完全停止は避けられることが判明。
やっと心に余裕ができて、ブレーキ踏みながらアクセルを吹かす運転(AT車です)でエンジン停止を回避しながら修理工場へ。

無事(?)修理工場へ到着し、ピットインの如くそのまま修理ブースへ直行。
すぐに店の人が出てきて、慣れた手つきで車にコンピューターを接続し、エラー診断。
するといくつかエラー信号が出て、一つずつ潰して原因を調べるといわれたので、車は預けて徒歩で帰宅。
チラッと見た時は「P-0230」というエラー番号が表示されていたので、帰宅して調べたらクランクシャフト・ポジション・センサーという箇所らしい。
部品代も数千円で買えることが判明。

後日連絡がきて、予想通りその場所が壊れているようだと診断され、修理代も工賃込みで高くても3万円以下といわれたので修理を依頼。
ところが話には続きがあった。

「そう思って部品の在庫を調べたら、即手配可能だったので、そこはOKなんですが、ひとつ問題が…」と。
ドキドキしながら先を促すと
「実はクライスラーに問い合わせてパーツの場所も聞いたのですが、お客様の車にはそこにそのパーツが着いていないのです」と。

正直、意味がわからす「え?どういうことですか?」と尋ねる。
「アメ車って、年式によって微妙にエンジンルーム内のレイアウトが違ったりして、本来ついている場所と違う場所に装着してあったりするんです」と。
修理工場の人曰く、見積もりを出そうにも壊れているパーツ自体の装着箇所が見つからないので、作業時間の予測も立たず、見積もりすら出せない状態らしい。
おまけに他の車の修理もあるので、うちの車は順番待ちで修理お預け。

そんなこんなで6月30日から車は預けたまま、一切作業が進まない状態。
もう棄ててしまい次の車を探そうかと考えながら、車検終わって3か月しか経っておらず、去年の暮れにオルターネータ交換もしたし、今度の修理代は3万以下なら今棄てるのは得策ではないと、頭の中がグルグル状態。

暑いのにエアコンの効いた車に乗れず、チャリで走り回っている今日この頃。
今日も買い物の為に自転車で30km以上走り周りました。

そんな海の日、東京日和。

未分類    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2016.06.18 Sat
静かなるOFF
吉祥寺のKさんと談合してきました。

本当はデニーズでご飯食べただけですけどね。
いろいろなお話を聞けて楽しい時間でしたよ。
お土産まで貰っちゃって逆に恐縮でした。
ちなみにお土産は明らかにゴージャスな松坂牛でした。
包みを開けたら肉の霜降り具合が尋常じゃない状態で、ひとめで「これはアレだ!確実に美味しいやつや!」と絶叫しました。

いやー、こういう談合はいつだって大歓迎ですね。
でもよくよく考えたら、私側から提供できる旨味は底が浅いので、そろそろ見切りをつけられてしまいそうです。
こうなったら地味に引き延ばして、風呂敷を広げる作戦でいくしかないです(ΦωΦ)

冗談はさておき、Kさんありがとうございました。

で、本題。
今年のとんぶり、若干ピンチです。
横浜開催で楽しみにしておりましたが、合同出店の申し込みがうまく送信できていなかったらしく、二次募集での順番待ちになっております。
毎年同じ3人で合同出店しておりまして、私と動物病院の院長は毎回特に何もせずに申し込みから振り込みまでTくん一人に任せていたので、このような事になり流石に反省しております。
来年からはちゃんと役に立つよう頑張ります。
そんな感じで、今年はうまいこと滑り込めれば良いのですが、なかなか難しいです。

ソメワケ殖やしすぎているので、死んでも出品しないと餌の生産が地獄の自転車操業になっております。
ザンティックとかアネリとか謎表現とか、二束三文で売り飛ばしますよ。
自画自賛ですが、今年はけっこうカッチョイイ表現が出ているので、価格でも見栄えでもきっとご満足頂ける個体になってます。
↓こんなのとか
160618-204311_R.jpg
↓こんなの
160618-204510_R.jpg
きれいですが、アネリ+ザンで狙った個体の『ハズレ個体』なんですけどね(笑)
でも十分きれいです。
恐らく流通価格の底値で出します。

よく安売りは自分の首をしめると言いますが、それは違います。
確かに大手が安かろう悪かろうの商売をすれば自滅しますがね。
わたしのような単なる趣味レベルのユーザーが年に一度の放出をするだけで、市場価格に影響を及ぼすなどうぬぼれですよ。
利益度外視で贅沢に育てた個体を、お小遣いの足しにする程度の価格でお店屋さんごっこするだけです。
もちろんお金を取る以上「俺は素人だから」なんていう甘えは許されませんがね。
然るべき手順を踏み、法規に則った大人のお店屋さんごっこです。
そういう意味では、毎年、とんぶりのようなブリーダーズイベントはセミプロの生の声が訊ける有意義な時間だと思ってます。
自分が殖やした生体を選んでくれるユーザーがいてくれる以上、価格なんて度外視で頑張れます。

そして何よりも、専門店が売る個体よりレベルの高い個体を安い価格で売るなんて、痛快じゃないですか(笑)
毎回そんなことばかりだと専門店も困るでしょうが、年に一回のお祭りですからね。
みなさんも素人の底力を楽しみましょう♪

…って、こんなに語っておいて、自分が出れるかわからないのが悲しいですが(´・ω・`)

みなさんも私が出られるように祈ってください。
ではではー。

雑記    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑