自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「ダンゴムシ 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.01.08 Fri
1月だからって張り切ると思ったら大間違い
さてさて、始まりましたね新しい年が。
皆さん正月太りでコロコロしてませんか?
私はしています。

正月と言えば初詣。
実はわたくし、おみくじで大吉以外引いたことがありません。
嘘だと思うでしょ?
本当なんです。
今年も近所の神社でおみくじ引きましたが大吉でした。
去年は違う神社でしたが大吉でした。
過去2年分は常に財布に入れているので、見たかったらいつでも声を掛けてください(笑)

財布といえば、もう一枚忍ばせているアイテムがあります。
それが御守りのムカデ小判。
詳しくは去年のブログに書きましたので、コチラを参照。
毘沙門天の御守りなんですが、これのおかげなのか去年は本当に呆れるほど強運な1年でした。
流石にダメかな?って事態でも、見事に切り抜け、「いくらなんでもそんな都合の良いことが・・・あった!」みたいな。
ブログに書けることと書けないことがあるので、詳しい内容は割愛しますが。
そんな頼りになる我らが奇蟲の代表格「ムカデ」をあしらった小判型御守り。
その御守りの頒布が1月9日(土)に新宿・神楽坂の善国寺であります。
暇な人とSNSのネタにしたい人は是非!

財布に入れておけば酒の席でのコネタにもピッタリで、尚且つ強運をひきつけ、更に神楽坂を小粋に流せます。

さすがに新年1発目で写真無しブログもどうかと思うので、無理やり載せておきます。

1枚目はこちら
160105-233809_R.jpg
オーストリアからきたワラジのベビーです。
餌に入れたニンジンに集まってきて、初めて生まれたことを知りました(笑)

続いて2枚目はこちら。
160106-131315_R.jpg
こうやって地衣類を食べるニューカレドニアコシビロダンゴムシの子供達。
よ~く見ないと気がつかないけど、けっこういます。
投入直後は全面緑色でしたが、ムシャムシャ食べて樹皮の地肌だけになったら交換です。

ニューカレドニアは恐ろしいスピードで殖えており、成長も早いです。
そろそろ新しい虫も考えておりますが、台湾のアレは微妙にパスかなぁー。
なんか虫以外でも色々と動きが出てきて、忙しくなる予感。

早くあったかくならないかな。

ダンゴムシ    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2015.12.18 Fri
週明けは車検かぁ・・・
車検なんて無くなればいいのに。
だいたい車検って何?
車検を通しても通さなくても、壊れるときは壊れるし、事故る時は事故る。
事故や故障、その他のトラブルでも、車検受けてたからって割引になったりしないし。
いったい誰のための制度なんだよまったく。
まぁ車がなくなると困るから、ちゃんと車検に通すし金も払いますけどね。
まったくもー。

で、ダンゴムシ。
なんか世間ではドイツ便がドーンと入ってきて、ちょっとしたお祭りみたいですね。
我が家でも先日、海外からの新しい導入があったので今回は様子見でした。
やはり誰が見ても人目を惹くのは同じですね(笑)
「たぶんアレはいくだろうな」っていうのを引っぱってきた予感です。

とりあえず詳しい飼育方法は各自手探りでつかむ方が面白いと思うので、あえて詳細は書きません。
ただ、何かの参考になれば・・・と思い、私が飼っていて気付いたポイントだけ書いておきます。
和名というか暫定ネームは未確認なので、お店の人が呼んでいるカタカナ名を参考にしてください。

・Porcellio bolivari 腐葉土に卵パック置いただけで問題ない(笑) レプトミン食わすと体内に緑色のラインが確認できる。

・Porcellio ornatus 雑に飼ってても平気な感じで、かなりタフ。何でも食べるけど同じ人工飼料だと飽きて少食になる。

・Porcellio silvestrii 同上。色のばらつきが酷い。そこら辺にいるワラジと同じに見えるやつもいる。

・Porcellio expansus 卵パックより腐葉土に潜る。湿度高めがいいのかな?わからないけど。レプトミン無視。

・Oniscus asellus 雑な感じで何でも食べる。日本のワラジとほぼ同じ環境で問題ない。

・Armadillidium werneri ケヤキの樹皮を入れると一晩で表面を食べつくす。でも入れなくても問題ない。これってモンテネg(略

・Armadillo officinalis 貪欲。何でも食べちゃうぞー。でもレタスは食べない。日本のオカダンと同じ環境で問題ない。

後は知りません。
これは全部スペインの業者からの虫です。
届いた時は11℃に冷えてたから、短期なら冷やしても大丈夫そう。
むしろ冬を感じさせた方が繁殖に有利かもしれないけど、死んだらイヤだからしません。

とりあえず、面白いのはArmadillo officinalis。
見た目は・・・多重玉突き事故で前後からつぶされたハイエースみたいなフォルム。
頑張って伸びても、真上から見ると短くて四角い。
顔も潰れていて、やけに横広い。
そしてオカダンより一回り大きい。
DSC_0240_R.jpg

この写真だと判りにくいかもしれないけど、本当に横広い。
たぶん簡単に殖えそうなのもポイント(笑)
こいつはきっと、マニアの中でも評価は分かれると思う。
私は面白いと思うけど、友人は「あっそー」と石ころを見るような目でチラっと見ただけだった。

このブログを参考にした結果、死んでしまっても責任は持てません。
なので話半分で各自頑張ってください。

ダンゴムシ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2015.12.17 Thu
はい順調。
ダンゴムシやワラジムシの飼育法なんて千差万別。

まぁいろいろ考えはありますよ、人間だもの。
みんな同じじゃ面白くないですしね。
十人十色、それぞれが個性を醸し出して飼っていれば、そのうち自分色が発揮されます。
他人の飼育法が気に入らなければ真似しなければいいし、気に入ったら取り入れればいいだけです。
どうせ数年も生きればラッキーって寿命ですから(笑)
私ですか?私は全力でパクりますよ。
だってその方が無駄な時間をカットできるもん。
一旦パクった上で、自己解釈を加えた結論をだし、永続的に取り入れるか否かを決めます。

なので皆さん、もっともっと頑張ってください(笑)

さて本題。
ニューカレドニアコシビロダンゴムシのベビー、だいぶ大きくなりました。
今はこんな感じ。
DSC_0273_R.jpg

こうやって見ると、かなりでかいですが、実際はそうでもないです。
あ、もちろん普段はコケの上になんかいません。
完全にヤラセです。

で、実際のサイズはこちら。
DSC_0269_R.jpg

微妙に浮いてるので、メモリでは7mmくらいですが、実際は6mmくらい。
プミリオで買ったのはアダルトサイズだったので、これは我が家で殖えたベビーです。
もちろん持ち腹です。
ベビーの個体数は数えてないけど、すごい数がいることは確か。
今まで椎茸ホダ木の樹皮をシェルター代わりに入れていましたが、ケヤキの樹皮を公園で拾ってきて入れたら、面白いくらい裏側に張りつくようになった。
ちなみにケヤキの樹皮は勝手にポロポロと木から剥がれ落ちるので、手ごろな物を集めるといい感じになる。
コケverとか地衣類verとか、大小様々なタイプでケース内を飾れます(笑)

試しにA.werneriのケースにも入れてみたら、集まりすぎて気持ち悪い状態になってた。
地衣類とか食べてるのかな?よくわからないけど、暗くすると集団でケヤキの樹皮にへばりついてゴソゴソとやってます。

ついでに最近、グルコサミンを撒いている。
昆虫の世界では符節強化に効果的と言われていて、マットに添加したりする人もいる。
ダンゴムシは昆虫じゃなくて動物だ!と怒る人もいるので、そこら辺はあまり触れないで欲しい。
単なる好奇心で遊んでいるだけなので。

とりあえずダンゴムシはいいとして、はやく外産ワラジが殖えてくれないと、精神的に安定しない(笑)

ダンゴムシ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2015.11.12 Thu
いま飼うか、一生飼わないか。
とんぶりまで後3日。

丹精こめて殖やしたアレやコレを売って、ざらついた心と懐に潤いを補う、年に一度の煩悩全開大解放祭り。
日頃から販売している業者さんや自称ブリーダーの準業者さん(そんな言葉はないけど)と違い、単なるいち飼育者が販売者側になる『大人のお店屋さんごっこ』です。
もちろん爬虫類や哺乳類の繁殖販売には動物取扱業が必要なので、正確には『単なる飼育者』では出展できませんがね。
それでも私のように販売目的ではなく、趣味の幅を広げるために登録した人も多いのが現実で、そんな人達がここぞとばかりにブースを並べております。
今年は過去最高の154ブースです。
1ブース1ブースに思い入れがある生体が並ぶのですが、それが一堂に154ブースですよ。
全部見て回れないんじゃないかと思う勢いですが、心配無用です。
ちゃんと運営側で出品リストなるものをUPしております。
これを見て、アレやコレを買おうかと想像しながら、残り2日をモンモンとするワケです。
ちなみに私は29番のヴァンケット動物病院で出ています。
3人で共同ブースを出展しますが、友人の動物病院の名前を宣伝を兼ねて使うだけでして、私は動物病院関係者じゃないです。
ちなみに当日は会場の5階で出展しますが、同じ階にプミリオさんもいますので、虫探しには是非!
同じく5階には私のブースを入れてダンゴ・ワラジを取り扱うブースが5ブースです。6階は2ブースです。(各階餌用を除く)

そんな準備に明け暮れている休日の本日、まさかまさかの新規導入でございます。
だって欲しかったんだもん。
新人はコイツです!
151112-151026_R.jpg
ニューカレドニアコシビロダンゴムシ!
デカい!そして薄いです!
151112-190103_R.jpg

まるで磯の岩に貼り付いているヒザラガイみたいなフォルムです。
どちらかというワラジみたいな見た目ですが、面白いことに刺激を与えると頑張って丸まります(笑)

現在、各種落ち葉を同一サイズに刻み、餌の好みを調べています。
151112-185849_R.jpg
が、安定の朴が陥落し、ダークホースが伸びております。
ダークホースって言っても別に隠してないですが、あえて発表もしていない種類。
先日ヤフオクで葛の葉が売りに出ていましたが、売り文句に「でかすぎわろすなダンゴムシも食べる」的な事が書いてありました。
なかなか商魂たくましいですが、世の中には情報=金に結びつけるのが上手な人もいますね。
私は聞かれたら教えますが、全く知らない誰かを儲けさせるのも不愉快なので、情報は小出しにします(笑)
ちなみに万能なのは朴ですが、ゼブラやモンテネグロとカメルーンでは好みが違います。
それらを踏まえても朴は例外なく食べます。
好きかどうか別ですが、とりあえず朴を入れておけば餓死しないし腐らないのでダンゴムシ便利フーズです。

んで、ダークホースの正体は、我が家の近所に生えている野草です。
我が家は23区内でも緑が多い区なので、他の地域でも生えているかどうかは不明ですが、新宿区の都庁の周辺でも見かけたのできっと大丈夫。
種類は・・・直接聞いてきた人には即答で応えますので (゚∀゚)

では皆さん、週末は浅草で会いましょう♪

ダンゴムシ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2015.06.28 Sun
虫飼育の栄光と没落
梅雨ですが毎日ジメジメしてまして皆さんはお元気ですか?僕は元気ですね。

そんなパンチの効いた受け答えができるほど、ダメージでヘロヘロです。
なんか、生まれて初めて腰痛になりました。
この歳まで腰痛とは無縁だったのに。
これが加齢ってやつですね。
怖いですが甘んじて受け入れます。
生きていれば避けられない事ってありますからね。
納税とか納税とか、あと納税とか。
社会の一員として、立派な歯車になるために、皆さんも夢や希望を捨てて納税しましょう!
生きるために働くのではなく、納税するために働くのです。
人一倍頑張って稼げば稼ぐだけ、多くの納税が必要なんです!

・・・って、余計に暑苦しいからやめます。

ダンゴムシですが、元気ですよ。
なんかいきなり話題が変わりますが、これも暑いからです。
ほらこんな感じで元気です。
150628-181634_R.jpg
あっ、これはメガボールだ。
メガボールも元気にウンコ作ってます。
メスしかいないから殖えないと思うけどねー。

あとこれも
150628-182136_R.jpg
カメルーン。
特に難しいことはしていません。
勝手に殖えてます。
色変とかいますが、特に気にしません(笑)

他にもアレとかソレとか殖えてます。
こんなのも元気です♪
150628-183135_R.jpg
なかなか殖えないし成長も遅いけど、地味に頑張って殖えてる模様。

あ、サハラフラワーボールバクが入荷してますが、手を出しておりません。
あれはパスです。
だってアレはワラジですし(笑)
あたくしの範疇外ですし。

本当は入荷直前に別の趣味で痛い出費があり、どうしようか躊躇している間に売り切れたのは秘密ですが。

いやー、怖いですよね、多趣味って。
情熱の傾き具合が日々違うので、昨日まで夢中だったことを、翌日は「まぁいいや」ってスルーしちゃったりします。
でも完全に切り替わることもなく、ふらふらしながらも、やっぱり虫にも興味津々だったりします。

つまりあれですよ「遊びも本気!仕事も本気!どっちも全力で頑張るぜ!」みたいなヤツです。
結局は、どちらも50%50%なんで全て中途半端な糞野郎ってことです。

そんな感じで、更新が遅れても飼育を放棄したわけじゃないんですぜ、って話です。
→続きを読む

ダンゴムシ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。