自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.05.31 Fri
レインボーミリピード
○○レインボーミリピード。
○○には地名が入りますが、何種類か存在します。
カンボジアだったりタイだったりベトナムだったり。
海外では概ねRainbow Millipedeと呼ばれますが、国内ではブルーミリピード派が多い。
私も普段はブルーミリピードと言ってますが、書くときはレインボー。
別に名前は何でもいいのですが、同じ種類が違う名前で流通すると面倒。
「お!新入荷!?」と思ってワクワクしてたら同じヤスデ、ってパターンが繰り返される。
国内は勿論、海外でも学名を巡って混乱があるぐらいだから仕方ないけど。

下の写真はTonkinbolus dollfusi
130520-221333_R.jpg

で、次は良く似てるけど、実は違うApeuthes Spp.

130522-212909_R.jpg

このヤスデはTonkinbolus caudulanusにも酷似する。
がしかし、本物のcaudulanusはセグメントの淵に白が出ず、外骨格1枚1枚が基本灰色ベースで、その淵は赤い。
尚且つ、性成熟するとセグメントの淵が僅かに金色を示す。

この辺は海外でも意見が分かれているが、言ったもん勝ちのような雰囲気で、それもまた面白い。
ヤスデって種類が多い割には分類が雑な感じで、曖昧な世界だけどそこに魅力がある。気がする。

本当に細かい分類は正直よくわからないけど、丈夫なうえ手頃なサイズで、良いヤスデだと思う。


で、とりあえずどちらもエリンギは良く食べる(笑)
エリンギって、実は万能なんじゃないかと。

スポンサーサイト

ヤスデ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cradashi.blog.fc2.com/tb.php/90-a1e7847b

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。