自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | ソメワケ | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.11≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2017.06.01 Thu
アネリの秘密。
引っ越し準備という言い訳で、やるべき事の大半を「先送り」で保留している日々です。
引っ越しが決まると気持ちがフワフワするから仕方ないよね、うん。

そんな毎日ですが、もうすぐブラックアウトです。
当然出ますよ。
今回もチームジャポニカで参加します。
でも今回は特に目玉は持参しません。
共同出展する友人のお手伝いがメインです。
ソメワケに関しては持参するとしても数匹ですかね。
引っ越しに伴い、動物取扱業の登録事項も変更しないといけませんので、違反しないように気を付けます。
実際に引っ越すのはしばらく先になりそうですが、区役所の転出転入手続きと同時に新住所で業登録なので、忙しくなりそうです。
まぁ同じ世田谷区内だし古い家をすぐに手放すわけではないので、一時的に店舗と住まいを別にして営業する方法もありますが。
愛護センターに色々と相談してみます。

あ、それとソメワケの質問がきました。
ザン×アネリでスノーが出ないと。
質問してきた方(H氏)は、うちで購入したソメワケではないとのことなので、正確な回答はできませんでした。
うちでは「ヘテロ」「ダブルヘテロ」「ホモ」を完全に管理販売しておりますので、正しく交配していただけたら作出できるはずです。
ただ、そうは言ってももし簡単にスノーが作れるなら、今までに出てきていたはずだと思います。
ソメワケは丈夫で安価ですし、多産で初心者向けと言われるヤモリです。
オマケにザンもアネリも今ではありふれた表現の血統ですから、既に組み合わせた方も多いと思います。
「ザン=アルビノ疑惑」は置いといても、今まで出なかった事に疑問を感じるのは無理もないかと。
そこで一つの個人的見解を書きます。
根拠とか統計とかソースとか言われても知りません。
そこに関しては後述します。

まずアネリですが、うちのアネリの参考写真を載せます。
DBIysFKVwAAOdye_R.jpg

これが我が家で使っているアネリの種親です。
「ん?これアネリ?」と思うかも知れませんが、間違いなくアネリです。
アネリ×アネリから作った正真正銘のアネリです。
写真の状態は数クラッチ産んでヘロヘロに痩せています。
両親は普通のアネリですが、沢山のベビーの中で圧倒的におかしな表現だったので育てて種親にしました。
世間に出回るアネリの遺伝が、優性なのか劣性なのか、はたまた共優性なのか検証していないので知りません。
でも、単純に考えたら我が家のは共優性なんですかね?
このアネリもスーパー表現っぽいし(笑)
んで、このアネリに我が家のザンを何度か掛けて、採れた子同士を掛けた結果、あのスノーが出ました。
つまり、三重コンボって感じです。
スーパーアネリザンティック、みたいな。

そして前述の根拠とか統計とかの話です。
気付いている人も多いと思いますが、私は自分が作出した血統に命名をすることが嫌いです。
もちろん私が嫌いなだけで、周りの人が命名することに反対意見はありません。
現にソメワケも他人様が命名したモルフ名で呼んでおります(笑)
なぜ私が命名を避けるかというと、単純に混乱を避けたい、それだけです。
自分がマダガスカルで採集してきた野生個体を累代しながら選別交配するなら良いのですが、お店やブリーダーから買った個体を組み合わせただけで「はいオリジナル血統!」みたいなのに違和感を抱くのです。
個別のブリーダーが同じタイミングで似たような表現を出し、実は同じ血なのに違う名前のモルフが乱立したら、それは混乱を生むだけです。
同じタイミングじゃなくても、誰かが先にクオリティの低い「A」というモルフを世間に出し、後発で圧倒的にクオリティの高い別物の「A」というモルフを出したら、やはり市場は混乱します。
何度も検証して、あらゆる統計で確固たる遺伝が約束されるのでしたら命名しても良いと思います。
でも、私は信頼に値するほどの繁殖数で検証データの統計をとっておりません。
なので私はモルフ名は今後もつけません。
あっ、でも命名するのが好きな人がいても、それはそれで自分のスタイルでしょうから、私は否定はしませんよ^^
ちょっとカッコいいなぁって思い、その命名センスに嫉妬したりする気持ちも密かにあるので。

そんな理由から、我が家で出た個体に関しては単純な流通名で呼んでおります。
「アネリ」や「ザン」で十分伝わりますし、聞かれて隠すような交配はしておりません。
もし私が勝手に上記のアネリを変な名前で呼んだら、それが無いとスノーが作れないんじゃないかという話になります。
例えばピンク色だから「おピンクちゃん」とか「ちゃんピンク」とか命名したら、ちゃんピンク×ザン=スノーの定説が爆誕です。
「やっぱさー、おピンクちゃんがポイントだよね、ホモホモの」とか、無関係な人が聞いたら逃げ出す内容です。
それだけは避けないといけません。

以上のことから、ちゃんピンクは私の胸の中だけに生き続ける幻のモルフ名ってことで、今後も表に登場することはないでしょう。

スノーに関しての回答は以上です。
期待した方、内容が薄くてすいませんでした。
スポンサーサイト

ソメワケ    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cradashi.blog.fc2.com/tb.php/229-5da6795a

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。