自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | ソメワケ | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.08≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.01.24 Sun
馬糞症
もうすぐ花粉が飛んできます。
嫌ですね、本当に。
花粉症じゃない頃は「あんなの甘えだよ」とか思っていましたが、あの頃の自分を絞め殺したい。
絶対に避けられない戦い、且つ勝てない戦いなのに、逃げることも堕ちることもできない悲しい戦い。
それが花粉症。
もし違う世界線で花粉症ではない自分が存在するなら、全てを投げ捨ててでも入れ替わってしまいたいです。
そう、それがシュタインズゲートのs(略

そんな悲しくも回避不能な現実的未来の話はさておき、ワラダンゴ。
そういえばワラジムシ&ダンゴムシを略してワラダンって言葉、あまり使っていなかったのにいつの間にか普通に使ってた。
こうやって、世界は少しずつ変化していくんです。
気付かないレベルで少しずつ少しずつ。

で、話を戻してワラダン。

Porcellio silvestriが殖えました。
DSC_0345_R.jpg
こんな感じ。
小さすぎて気が付かなかったけど、殖えてたみたい。っていうのが正直なところ。
Porcellio silvestriは代表的なオレンジ色の個体以外にも地味目のグレーとか黒に近いタイプもいます。
中途半端にオレンジっぽいグレーとか、もう個性ありすぎて同じ種類とは思えない。
本当はオレンジで選別交配したいけど、まずは殖やして弾数を確保してからです。

で、次はモザイク。
これは取り決めで画像を出さない予定でしたが、それだとココに書く意味もなくなるので、あえて載せます。
殖えたベビーがこちら。
160124-191045_R.jpg
セクシーなサービスショットです。
地味に殖えているので、今年も全滅は回避できた。
累代してるけど何代目だろう。
ちなみにモザイクって名前は柄の特徴じゃないですよ。
単純に写真にモザイクの修正を掛けて載せたのが、いつしか便宜上そう呼ぶようになっただけ。

んでんで、最後がこちら。
160124-192802_R.jpg
みんな大好きカメルーン。
殖えてはいます。
でも爆発的には殖えていません。
そろそろ寿命のサイクルなのか、老体が落ち始めていますが、ベビーが殖えにくいので総数では減少しております。
ちゃんと殖やす方向に飼育法をシフトしないと、手遅れになりそう。

さてさて、ブログはこの辺にしてMHXRやらないと(;´д`)ゞ

スポンサーサイト

ダンゴムシ    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by mtis
早くもsilvestri殖えたんですね!
私の所もそろそろ産まれるはず…。温度低いのか遅めな感じです。
2016.01.25 Mon 00:03 URL [ Edit ]
Re: タイトルなし Posted by kura
> mtisさん

結構な数が潜んでいたので、恐らく数日前には殖えていた予感です。
いまsilvestriのプラケ温度は23℃ジャストです。
bolivariはmtisさんの方が早そうですね!
2016.01.25 Mon 00:17 URL [ Edit ]
Posted by ムシムシ
カメルーンがやっと殖えましたよ!
今日見たら小さいのがわらわらと。
いやあうれしい!
しかし時間かかったな〜こいつだけなんでこんなにかかったのかナゾです。
2016.01.30 Sat 22:51 URL [ Edit ]
Re: タイトルなし Posted by kura
> ムシムシさん
うおおぉぉ!おめでとうございます!
カメルーンは繁殖成功例が極端に少ないんですよ。
秘訣を聞かれるんですが、正直普通に飼っていればいつかは・・・としか答えられません。
欲しがっている人は想像以上に多いので、ムシムシさんの出方を固唾を呑んで待っている人が大勢いる気がします(笑)

2016.01.30 Sat 23:53 URL [ Edit ]
Posted by ムシムシ
ワラ・ダンって、子供産むと死ぬんですかね?
いろいろ飼ってて見ているとワラジは子供産んだ後に死にやすくなるような印象を受けています。まあ、死んだ個体=産んだ個体は断言できないのですが、時期的にリンクしているみたいな。種類によっても違うと思いますが。
この点、蔵さんの御所見を伺えれば。
2016.02.14 Sun 01:32 URL [ Edit ]
Re: タイトルなし Posted by kura
>ムシムシさん
絶対とは言い切れませんが、恐らく高確率で出産=天に召される予感です。
説明すると長くなるので端折りますが、プライベート便で入手した3匹のワラジ(全てメス)が、産む度に落ちました。
3回のベビーブームで、3匹とも成長を見届けず落ちたので、もしかしたらそうなのかも。
ただしちょっと気になるのが、突発的な環境変化で生命活動の危機を感じ、種族保存本能でイレギュラーに繁殖した場合は、もしかしたら繁殖時の負担が通常より大き過ぎて・・・みたいな事があるのかも知れないと、いまこれを書いてて思いました(笑)
もちろん根拠も何もない単なる思いつきの話ですが(笑)
2016.02.14 Sun 02:41 URL [ Edit ]
Posted by ムシムシ
ワラジは産仔すると死ぬ確率が高いけど、ダンゴはそうでもないような・・・というのが私の印象です。
まあ多頭飼育でゴチャゴチャ飼ってるんで気がつかないだけなのかもしれません。
サハラフラワーは、4頭買ったら2頭が雌だったのですが、2頭とも産仔後ほどなくしてお星様に。
以来、「産んだら雌ワラジは死ぬ」と思うようになりました。他のワラジもそんな気がします。雄はよくわかりません。
基本的なことなんですけどよくわからないので、気になっています。
2016.02.15 Mon 00:28 URL [ Edit ]
Re: タイトルなし Posted by kura
> ムシムシさん
5分くらいまじめに調べて論文見つけました(笑)
https://www.researchgate.net/profile/Scott_Kight/publication/233556971_Reproductive_ecology_of_terrestrial_isopods_Crustacea_Oniscidea/links/546771550cf20dedafcf4e0e.pdf
この99項後半に、ワラジムシの雌は二回目の繁殖期に再び別のオスとも交尾すると記述があるので、恐らく産んで即死亡はないみたいです。
でも実際、産んで死んでしまう雌多いですよね。
もしかして、飼育環境に問題があって栄養足りてないのかな・・・
この論文には他にも低栄養下で育つワラジムシは繁殖力が弱いが寿命が長いとか、日照時間でワラジの繫殖期を早めるとか、面白いことが書いてありました。
2016.02.15 Mon 09:21 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cradashi.blog.fc2.com/tb.php/211-4232569e

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。