自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2016.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  2016.03≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「 2016年02月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2016.02.28 Sun
やっとキタ!
今回は本当に長かったです。
もうダメなんじゃないかと、半ば諦めの気持ちも芽生えておりましたが。

あ、車検なんですけどね。

かれこれ3ヵ月近く自分の車に乗れませんでした。
壊れた部分は後輪左のブレーキキャリパーのガイドピンみたいなパーツ。
ディーラーが何度もパッド交換勧めるから不審に思い、自分でホイール外して確認したら、なんと針金で固定されていました。
元々ふざけた店だったけど、流石にもう懲りました。

今回は地元の修理工場で依頼したら、今度は部品が入手できず、このザマでした。
部品をバックオーダーして待つこと丸2ヶ月以上。
その間、修理工場に車を預けたままで車検も切れてしまい、昨年クリスマス前から車なし生活でした。
で、やっと直り車検も通りました。
がしかし、加速性能や乗り心地、見てくれ等には一切関与していない箇所なので、直って戻ってきてもピンときません。
つくづく、アメ車の維持の難しさと、国産車のアフターサービスの素晴しさを痛感しました。

ま、そうは言っても恐らく次も国産車には乗らないけど。
貧乏なくせに外車とかバカみたいだけど、国産車は狭くて物理的に厳しいのです。
財布に優しい中古車で、運転席が広くてシートが後ろまで下げられるのはアメ車が一番なのです。
国産のハイエースとか罰ゲーム並みに乗れません。
てか、少し考えて車作って欲しい。
平均身長伸びてるんだし、服も車も小さすぎるよ、日本の規格は。

よくこういうことを書くと、自慢だととらわれますが、そうじゃなくて本気で大変なんです。
例えば服とか、欲しくても着れるサイズが無いんですよ。
LL?XL?そんなサイズはまやかしです。
ほとんど横に大きいだけで、丈がぜんぜん足りないんです。
日本のビッグサイズ=デブサイズなんです。
身長165cmくらいで100kg用ととかが日本のビッグサイズ。
これは昔からの悩みで、友人達と服を買いに行っても笑をとるだけで何も買えるものがありませんでした。
このネタを言うと面倒臭そうに「最近はけっこう大きいサイズあるよ」と言われるたびに、じゃあその店に一緒に行こうと出向き、撃沈します。
「180cmくらいなら普通に着られるよ」とも言われますが、せいぜい185cmまでなんですよ、それを着こなせるのは。
それ以上の身長の人は「いや、着れてないこともないですよ」と店員に半笑いで嘘を言われるか、同情的な顔をされて終わります。
なのでもう諦めていますが、それでも店に行くと大きなサイズが無いか探してしまいます。

更に最悪なことに、最近は体が横にも大きくなってきました。

ただでさえ厳しいのに、自分で自分の首をしめるとは正にこのことです。

もし生まれ変われるなら、次は180cmくらいで成長を止めてシュッとした格好で歩きたい、そう思う花粉飛び交う春の日でした。
さぁ車も戻ってきたし、見送っていたあんなトコやこんなトコに行きまくろう♪

スポンサーサイト

雑記    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2016.02.11 Thu
ミクロな視野
春ですね。
春といえば春節。
私を含め、我々日本人にはピンと来ない人も多いですが。
お隣の国では爆買いで大騒ぎです。
経済を停滞させないために、是非頑張っていただきたい。

その春節ですが、中国の人達は春節になるとお休みモードになります。
みんな働かないので、物流も完全に麻痺します。
私が1月下旬にオーダーした某アイテム、奇跡的に春節真っ只中の先日届きました。
珍しいこともあるなぁと思いながら開封すると、合計4個頼んだアイテムが1個しか入っていません。
しかも一番安い約1ドルのアイテムが1点のみ(笑)
さすがに開封前から明らかに小さくて軽かったので、あらかじめ開封作業をビデオで撮影しておきました。

で、まずはジャブ程度に「どいういことコレ?なんで1個なん?」って感じのメッセージをセラーに送ります。
返事はすぐくることもあれば、24時間経過してからくることもあります。
様々なパターンを経験してるってことは、まぁそういう対応が実際多いって話です。
つまり、デフォルトで「足りない」「違う」「壊れてる」が多発します。

今回はメッセージに応答が無かったので、次に写真を添付して送りました。
この時点で、インボイスに「商品合計1点、合計●ドル」って書いてあるので、もう既に動かぬ証拠です(笑)
今回はここで相手から「親愛なる友よ!」みたいなメッセージが届き、不足分を3日以内に発送すると約束してくれました。
もしここでもスルーされたら、結構大事になりそうな感じですが、実際はカード会社に「詐欺られた」と連絡するだけです。
実際、パソコンのモニター見ながら無表情にポチポチとクリックして、家に届くの待つだけなので、海外取引と言ってもヤフオクと大差ありません。

あ、何を頼んだのかと言うと単なるデジタル湿度計なんですけどね。
1個2ドルもしないアイテムなので、3個頼んで仮にロスしても痛手は少ないです(笑)
ちなみに1個2ドル以下なのに国際送料込みです。
ダンゴムシプラケの湿度を測るデジタル湿度計が3個で1000円以下。
こういう小さな設備変更が、飼育自体変化が少ないダンゴムシには最高の燃料になります。

そんな無理やり感が満載な軌道修正でダンゴムシネタにもっていきます。

殖えたボリバリが想像以上にボリバリでした。
まだベビーなのに。
160208140349151578387_R.jpg
既にフチがジャギジャギしてます。

ちなみにこの子供、どれくらいのサイズかといいますと・・・
160208140730151799409_R.jpg
こんな感じ。
左上から伸びているのはボールペン先です。
皆さんもお手元のボールペンを眺めながら見比べてください。

とりあえず、報告はそんな感じです。
あ、そうそう、書き忘れてましたがカメルーンダンゴムシのマットは気持ち深めがいいです。
あいつらはメスが潜って蛹室みたいなのを形成して、そこで子を産みます。
浅くても産まなくはないですが、産む場所がないと持ち腹の状態で死ぬこともありますよ。
以上、ラスト3行に超重要情報をサラっと書いて終了です。
写真が撮影できたら蛹室風のを載せますが、撮影するまえにメス親が産み終わって出てきちゃった。



ダンゴムシ    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。