自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2014.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2014.05≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「 2014年04月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2014.04.30 Wed
死亡速報!
ゴールデンではない連休がスタートしました。

早速ですが速報です。

ジャワタマの貴重な雌が召されました。
昨夜は地表に出てきておりませんでしたが、先ほど見たらひっくり返って伸びてましたよ。

140430-010823_R.jpg
脚は念のためモザイクかけときました。
恐らく産卵はしていない模様。

いやはや参った参った。
スポンサーサイト

タマヤスデ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2014.04.26 Sat
遅れてきたルーキー
某tさんは言いました。

「本当に欲しいものは、後から出てくる」

ほんとそう思います。
本当は欲しいものが決まってるけど、なかなか無いから違うのを探して、それを購入すると・・・
『おまたせー』みたいな感じで、アッサリと本命が登場する。
何度もこのパターンに泣かされました。

そして今回も同じ展開。

勇気が必要なほど高価な買い物ではないけど、場所や手間を考えると立て続けには無理!ってなります。
そう、もちろんタマヤスデの話。
先日喜び勇んで買ったジャワ産タマヤスデ。

自分的には久々に本気で飼う気になり、ワクワクすること3日間。
新規に導入した外産タマヤスデは、完全に潜らせたら第一段階クリアと言っても過言ではありません。
適切な腐葉土でないと上手いこと潜りません。
腐葉土に潜らずウロウロしてる個体は高確率で死にます。
もちろんジャワタマも無事に全ての個体を潜らせました。
こんな感じで↓

140425-223836_R.jpg

するとどうでしょう・・・
「はじめましてホウセキタマヤスデです」
そんな顔でZephroniaがチャッカリ来日です。
そう、こんな感じで↓
140426-132848_R.jpg


もちろん買いますよ、飼いたいですから。
でもでも、もう少し早くきていたら全力投球でしたよ。
多くは語りませんが、7匹しか買えませんでした。

で、散々吟味して買った個体を、帰宅後に雌雄チェック!
こんな感じで↓

140425-215909_R.jpg

このポジションでパカッ!と開けば、お尻の性器が一目瞭然♪


結果、♂5♀2

お店でこの雌雄確認をするには、時間が掛かりすぎて迷惑なので、単純に潜っている個体を選びます。
せっかくなので、私が購入する際の優先順位を書くと

1、潜ってる
2、小さめ
3、水弾きが良い

この三点のみです。
1と2は何となく理解できると思いますが、3も重要です。
タマヤスデは死期が近いと撥水力が無くなるというか、なんとなくだらしない感じで濡れています。
なので、人間と同じように、シャワーで掛かった水滴が水玉になるような肌を求めるのが正解なんです。
もちろん私の独断と偏見に満ちた基準ですがね ヽ(゚∀゚)ノ

とりあえずインドネシア腐葉土に入れたけどまだ潜っていない。
一応、他にもベトナム、タイの腐葉土も用意してあるので、臨機応変に対応する予定。
それと、ホウセキタマヤスデなのかジュエルボールなのかキャンディボールなのか、流通名を統一して欲しい。

あと、メスもう少し欲しいなぁ(´・ω・`)


タマヤスデ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2014.04.22 Tue
ジャワ島の弾丸
昨夜、友人のI 君が引越しをしました。
その手伝いをした私とM氏は、ご褒美代わりに夕飯を奢ってもらいました。
もちろん今回も期待を裏切らない「しゃぶしゃぶ」です。

で、店に行ったら凄まじい混雑ぶり。
満席どころの騒ぎじゃなく、外まで人が並んでいました。
いつも同じ店ですが、日増しに混雑度が増しています。
とりあえず座ってる客がいつ出るか読めないので、順番待ちの予約を入れて一旦離脱。

さて、どうしようかと3人で悩む。
「あ、じゃーさー、ちょうどいいからヤスデ見に行こうよ」と私の提案。
実は引越し中にも何度か「あそこの店に○○(蛇)が入荷したらしい」「他にも△△(両生類)が入荷したらしい」とサブリミナル効果を狙って、隙あらば情報を吹き込んでおりました。
その努力が実り、たいして気にもせず 「そうだね、時間あるしイロイロ見に行きたいし」と即決。
ちなみにこのメンバー、虫を飼ってるのは私だけ。
まんまと作戦成功です ヽ(゚∀゚)ノ

で、向かったのがランバージャック。
過去に二度ほど見に行き、一度だけヤスデを買いました。
タンザニアジャイアントのペアです。
その子供が最近だいぶ大きくなってきましたが、それは別の機会にでも書きます。
今回は3回目の訪問。

事前にネットで調べていたので、タマヤスデが入荷しているのは知っていました。
店内で高額生体を見て目の保養をしながら、ついにタマヤスデとご対面。
特大プラケに腐葉土を敷き、上から枯葉をかぶせてあるので、姿は全く見えません。
店員のお兄さんに「これ買いたいんですけど見せてもらってもいいですか?」と声をかけ、プラケを開けてもらう。
親切な店員さんが「いつも潜っちゃってるから・・・たぶんここら辺に・・・あ、いたいた」と掘り出してくれました。
すごくいい店員さんで、腐葉土やマットを食べること、飼うのが難しいこと、繁殖が難しいこと、短命なので、どちらかというと観賞目的で飼育すること等を正直に説明してくれました。

行きつけの店以外で生き物を購入するとき、この手の説明に毎回後ろめたさを感じます。
恐らく店員さんより自分の方が知識が上だろうと思うとき、相手がまじめに説明してくれると、なんか騙してるみたいな気分になるのです。
かと言って「あぁそれは知ってる」と話しの腰を折るのも上から目線で失礼ですし。
イベント会場でも「最近は一部のマニアが殖やしてるみたいですよ」とか言われると『もしかして俺かも』と申し訳なくなる。

どんだけ小心者なんだって話ですがね(;´д`)ゞ

ま、そんなこんなで買ってきたジャワ産タマヤスデ。
DSCN1455_R.jpg

帰宅してプラケに腐葉土を入れタマヤスデ投入後、引越しの疲れ+ しゃぶしゃぶで満腹もあり、即就寝。
しかし今朝確認しても潜っておらず、もしかして・・・と思いながらも後ろ髪を引かれる思いで出勤。
夜帰宅しても潜っていなかったので、腐葉土を違う種類に変更。
20分後には全部潜ってましたヽ(゚∀゚)ノ
雌雄を調べたら、メスは大きいサイズ1匹と小さいサイズ1匹で計2匹いました。
上手く飼えるかわかりませんが、ダメならダメで正直に載せますんで。

頑張れジャワタマ!

タマヤスデ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2014.04.18 Fri
シマシマ、パート2
毘沙門天のパワーを宿したと思われる彼は、今日も愛想が無い。
「どうしてそんな目で俺を見るんだ?」
そう聞いても返事は無い。
しばらくして、それは相手がダンゴムシだからだと僕は気がついた。
「なるほど、そうやって丸くなればなんだって済むと思ってるんだね」
そう言う自分の声が少し恥ずかしげに小声になっていることが無性におかしくて夜通し笑った。

そんな村上春樹風な書き出しですが、実際は順調でにぎやかになってきました。
横から見るとこんな感じ。
140417-233624_R.jpg
これはまだ全長8mmくらいですが、だいぶ縞模様が目立ってきた。

少し土をほじるとこんな感じ。
140417-233815_R.jpg
これは全長3~5mmくらい。

数えてないけど、たぶん100匹以上は殖えている。
簡単という言葉が怒り出しそうなほど強靭で簡単に殖える。

・・・ダメだ、全然似てないのに、自分の中で村上春樹に変換されてしまう(笑)
ちなみに村上春樹は正直あまり好きじゃないです。

ダンゴムシ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2014.04.12 Sat
芽吹いた!
今年、関東で大雪が降った数日後、ヨロイモグラ用にユーカリを拾いに行きました。
詳細はコチラにも書きましたが、たくさんユーカリを拾いました。
で、実はその際、雪の重みで折れた新鮮なユーカリの枝(?)も拾ってきていました。

基本的にユーカリは挿し木が難しいと言われています。
でも、絶対に不可能ってワケではありません。
そこそこの条件を揃えれば、根が出てくることもあります。

ま、ハードルは高いみたいですが。

そんな、壁は高いけどお金が掛からずにダメもとで挑戦できる遊びに、惹かれないワケがありません。
無知だからこそできる、勢いという名の壮大な実験が始まって約2ヶ月。

芽吹きました♪
140411-131135_R.jpg

ご覧の様に、ヤスデのウンコ植木鉢に適度に葉を間引いてから挿しただけの仕様。

ダメかなぁ?と思ってたけど、ちゃんと芽吹いてくれましたよ。
140411-131518_R.jpg

ほら、なんか生命力が爆発してる感じです。
140411-131529_R.jpg
↑よく見ると土は全部ウンコだけど。

このブルーガムなユーカリを育てて、ヨロイのお腹を膨らませてやることをこの先3年後までの目標にしようと思う。

頑張れユーカリ!長生きしろヨロイ!

雑記    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2014.04.07 Mon
偉大なるGoogle先生!
 忙しくて最近バタバタしていますが、生き物の管理はしていますとも。

そういえば先日、海外のヤスデのグループに入れてもらおうと申請したんでやんす。
180人ぐらいの人が登録している非公開グループ。
でも、待てど暮らせど返事は無いでがんす。
『きっと忙しいんだね、そうだね、そうに違いない』と思い込むことで日々を過ごしておりました。
でも10日間以上過ぎて『ちょっとだけ確認してみようかしら』とメンバーの一覧を見たら・・・

なんと!加入2日目の新規メンバーがいるではないですか!
もちろん私ではない誰か(外人さん)です。

そうですかそうですか、スルーですか。
別にいいですよ、私のような石ころ以下の、砂つぶ同然の人間なんて、その目にとどまるチャンスすら頂けなくても。
でもでも、砂つぶには砂つぶのプライドがあるんでやんすよ。
誤って口に入れたら、それはそれはジャリジャリして不快なんでがすよ。

・・・あ、だから迎え入れてくれなかったのか。

そんなこんなで、別のグループに申請してみたら、やさしい管理人さんがあっさり仲間に加えてくれました。
こっちは300人以上のメンバーがいるグループで、毎日新しい投稿があり、なかなか面白いです。
ヤスデとムカデの非公開グループですが、今はヤスデ7割ムカデ3割って感じの投稿内容です。
そして、何よりも驚いたのが、日本のヤスデ飼育レベルが世界でも案外上の方なんじゃないかという点。

商用流通でも日本の業者さんが熱心なのか、世界の主流と同じかむしろ恵まれている印象です。

いやはや、なんとも心地よい場所ですが、唯一の問題は言語。
投稿やレスは英語オンリーのルールで、他言語は即時削除されます。
あたくしには偉大なGoogle翻訳先生がついているので今現在問題はないですが。
日本語にすると「拙者はヤスデがこの上なく好きでございます」みたいな英語で投稿してるくさいけど。

頑張れGoogle先生!頑張れヤスデ!

雑記    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。