自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | ソメワケ | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2013.11  2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2014.01≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「 2013年12月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2013.12.28 Sat
三日坊主
しかし、年の瀬ですな。

右を見ても左を見ても年の瀬です。
今年はカレンダー通り休めると、ラッキーな人が多いみたいですね。
年末年始と週末のタイミング上手いこと重なり、例年より休みが多いらしいです。
私も仕事が今日までだったので、大掃除もソコソコに昼には帰宅。

急いで帰宅しても、特別なにか予定があるわけではないんですがね。

いつも後回しにしていた、自転車のディスクブレーキローターを大型化して、利きを良くしました。
これで私のような巨体でもタイヤがロックするほど ビタッ!と止まれるので安心です。

作業をやり遂げた満足感で、様々な角度から自転車を眺めまわしつつも、寒くなってきたからさっさと部屋に戻る。

で、3日前に導入したカメルーン先生のケースを見る。
何度見てもデカくて笑える。

DSCN1230_R.jpg

子供の頃、皆で見つけたダンゴムシの中で、一番デカイ人が優勝って競争したら、確実にチャンピオンだな・・・
そんな妄想しながら霧吹きしていると・・・

何かが残像で訴えている。
でも霧吹きしながら表層部分を掻き混ぜてるから、問題の箇所は既にローリングしてしまった。
でも気になる。
しかし探しても何も無い。
「気のせいか」と、seraのBitを餌として配置してみる。
テトラミンが良いけど持ってないから、Bitでもおんなじようなもんだろうという安易な考え。
0000000000035577.jpeg

で、コーナーに餌をちょこんと置くと・・・

すぐ横に、黄色い粒が。
例えるなら、ダンゴムシみーつけた!のおもちゃみたいな形状。

DSCN1237_R.jpg

はい、殖えました(爆)
持ち腹だったようで、導入3日目でベビーが誕生という脅威の早業。

そうなると、何匹殖えたのか知りたくなるのが蟲飼いのサガってもんです。
で、数えました。
ベビーが10匹以上いましたが、腐葉土が荒目なのですぐに見失います。

自慢のマイクロスコープで撮影するとこんな感じ。

20131228_R.jpg

201312281_R.jpg

なんて言いますか、ひきの強さというか勢いというか、自分でもちょっと怖いです。

この幸運が、来年も続きますように。

では皆さん、よいお年を~♪
スポンサーサイト

ダンゴムシ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2013.12.25 Wed
Merry Christmas
もうすぐ終わりますがメリークリスマス!
知ってましたか、白髭で小太りの癒し系、我らがサンタさん、実は商人の守護聖人なんですよ。
だから年末商戦とかクリスマス商戦とか、理にかなってるんです。
さぁ皆さん、盲目的に散財しましょう♪

そんな電波を受信したので、買いました。
自分へのご褒美的なヤツを。

FC2ブログの写真は、1枚目がサムネになりネタバレするので、あえてXmas写真で偽装。
よく見ると、ちゃんとご褒美が写っていますね。

DSCN1234_R.jpg

紹介します。
Republic of Cameroonからの刺客、ダンゴムシ先生です。
・・・って、要するにカメルーン産のダンゴムシなんですけどねー。


DSCN1218_R.jpg
驚くのはその全長。
↑の写真では内なる感情の高ぶりからくる武者震いなのか、若干縮こまっていますが、MAXで2.5cmあります。

そしてダンゴム=尻の形状っていうぐらい重要な箇所も、今回おしげもなく披露。
DSCN1228_R.jpg

このダンゴムシを受け取るために、都内某駅でクリスマスの夜に蟲屋さんと待ち合わせ。
一人でたたずむクリスマス気分全開の駅前は賑やかな電飾で、みなさん心なしか浮かれポンチな表情。
そんな中、受け取ったダンゴムシの大きさに思わずニヤニヤしながら帰還しました。

DSCN1231_R.jpg

帰宅して雌雄を見たら、オスもメスも複数匹確認できたので、まずは第一関門クリア。
で、我が家の亀達(ペンドロ&ヒメニ)の餌をくすねて設置したところ、いきなりガッついて食べてます。
これで第二関門もクリア。

蟲屋さんも「これは簡単に殖えるから大丈夫ですよ」と太鼓判をくれました。
必ずや殖やし、いつの日か巨大ダンゴムシ王国を作ります。
あ、それを来年の目標にします!いま決めました!

頑張れアフリカの星!

ちなみに、○○匹ぐらい入荷して、既に完売だそうです。
ダンゴムシ人気、まだまだ続くかも(ΦωΦ)

ダンゴムシ    Comment(4)   TrackBack(0)   Top↑

2013.12.12 Thu
ヒャッハー
日頃から尊敬してやまないキモ部通信のtさんがやらかしてくれました。
詳細は以下のページで♪
http://kimobu666.blog18.fc2.com/blog-entry-899.html

めでたいめでたいヽ(゚∀゚)ノ

私の知る限り、ネッタイタマヤスデ(総称)の繁殖は自分が3人目なので、tさんは4人目かな?
tさんも言うように、こうして成功例が増えれば、個々の飼育環境を比較できるから、益々飼い易くなる気がする。
単発ではどうしても個体のポテンシャルが繁殖条件みたいに捉えられる傾向があり、導入後の飼育環境は基本的に度外視されがち。
確かに産卵前の♀個体を導入しないと、産まずに死んでしまうのは正しい解釈なんですがねー。
例え持ち腹だろうが何だろうが、飼育条件が悪ければ繁殖に至らなかったり、すぐに死んでしまうのは明白なのに。
重要なのは、産ませる環境作りと、育てる環境作り、それを共有する真摯な気持ち。
私がブログを始めたのは、それがやりたかったから。

下手な文章で説明するより、一枚の写真を載せるほうが、読み手の欲しかった情報を勝手に見出せると思い。
「サンプルAガー」とか「ジョジョエンガー」と鼻の穴を膨らませていた自分が言うなって話ですがね(笑)
実際、クマリン配糖体なんて関係なくて、最近は腐葉土と水しか与えてませんとブログで書いたことで、気が楽になった。
そうやって飼育情報を書いても、今は「たまたま運が良かった」的な妬みを含めた評価ですが。

それもこれも、成功数と成功者が増えれば、きっと素直に受け入れてくれるはず。
どんどん妬みが薄れて、誰もが当たり前に繁殖できるようになる日が訪れることを切に願う。

後半は愚痴になったので、さわやかな写真でも。
DSCN1211_R.jpg

逃げる個体と追う個体(自家繁殖個体)

累代するまで絶対に諦めないもんねー。

タマヤスデ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2013.12.02 Mon
すっかり寒くなってきましたね。
天気予報士が「先週、週末にかけて寒くなると言いましたが的中しましたね」と胸を張っていました。
そりゃ寒くなるだろ誰が考えてもこの時期は。
なら私も言い切る。
「月末にかけて寒さは本格化し、日本列島は益々冷え込むでしょう」
どうせならもっとピンポイントに「来週の木曜日の正午から2時間は雨!」とか当ててください。

タンザニアタマヤスデはゴロゴロしながら年の瀬を楽しんでおります。

DSCN1186_R.jpg

あ、そういえば、ちゃんピンクが死にました。
ピンクちゃんとか言ってましたが、立派なオスだったんですけどね。
これで空いたスペースに次のダンゴムシを置ける(ΦωΦ)

タマヤスデ    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。