自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2010.06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2012.07≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「 2010年08月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2010.08.31 Tue
ぼくなつ【追記あり】
ばくの夏休み、略して「ぼく夏」。

夏休み→盆休み とワード変換されるのは、社会人デビューする時期ですかね。
学生の頃は、暑い夏は長期休暇が当たり前のイベントでした。
それが社会に出ると、やっと休みだと思った朝の翌々日には、もう「明日から仕事だ」となります。

「今のうち遊んでおけよ、社会に出たら遊びたくても長い休みなんかとれなくなるから」

そんな言葉を薄っぺらい笑顔で語れるようになる頃が夏休み→盆休みの変換期です。

みなさん、こんにちは。
人生で二度と来ないはずの長期休暇が、突然目の前に迫ってきた予感の蔵です。
私の頑張り次第では、むしろ長期休暇が明けない恐れすらあります。
もちろん悲しい意味で。

とまぁ、悲しんでいても仕方ないので、逆転の発想です。

子供が背伸びして大人に憧れるように、大人は若い頃に戻りたがります。
休みが長いと飽きてくるくせに、短いと「もっともっと」と求めます。
であるなら、夏を遊び尽くせば、今度は遊び飽きてマジメに働く気が起きそうな気がします。
だから私は、遅れてきた夏を遊び尽くすことします。
もちろん楽しい意味で。

そんな言い訳スキルを中学生の頃から身につけていた私が、まるで小学生のような遊びをしてきました。
お題はズバリ「ザリガニ捕獲大作戦」です。
え?ショボイですか?
まぁ確かに今時たこ糸の先にスルメを結んでザリガニを釣るなんて・・・
わざわざmixiの日記にあげるような事じゃないですよね。
そこらへんの池や小川にでも行けば、真っ赤なザリガニが簡単に釣れます。

それがアメリカザリガニならね(ΦωΦ)

我々は、その獲物を求めて、東京→埼玉→群馬→栃木→福島と大移動しました。
フォト
日帰り往復の総移動距離は600km以上です。
単純にザリガニを釣るためだけに走りました。
過ぎ去ろうとする夏を追い掛けて。

今回のターゲットはウチダザリガニです。
学名は Pasifastacus trowbridgii
北米種で、別名シグナルクレイフィッシュとも呼ばれます。
当然ですが、そこらにいるアメリカザリガニではありません。
限られた地域にしか生息しない貴重なザリガニです(我々には)
ちなみに、余談ですが、よくお歳をめした方が「昔はここら辺にもニホンザリガニがいて~」と聞きます。
また子供の頃に近所にニホンザリガニがいたと主張する人とかもいます。
茶色くてハサミが小さいザリガニをニホンザリガニだと思って。
残念ですが、それらはアメリカザリガニです。
もしその主張する人が、北海道、青森県、岩手県の人ならもしかしたらニホンザリガニかも知れませんが。
それより以南に住む人なら、残念ながら水温の関係でニホンザリガニは生息していません。

そんな予備知識を披露するぐらいザリ好きな私が今回の捕獲作戦で用意したアイテム。
いい歳した大人達が本気で乗り込む以上、失敗は絶対に許されない。
東京から福島まで、遠征してまで捕獲したいザリガニをゲットするツールは・・・

「スルメと糸」以上。

本当は四手網とかカニ網とか、餌用に刺身用スルメイカの腸とか持参しましたが、使いませんでした。

だって簡単に捕まえたんだもん。
目的地周辺に着いて、ひとまず車を止めて足首ぐらいの深さの小川に入ってみたら、数秒で捕まえました。
「いた!捕まえた!ウチダだよ!」と言ったのに、最初は誰も信じてくれないぐらい簡単に捕まえました。
記念すべき一匹目は頭の先から尾の先までが5~6cmの小物でした。
ちなみにザリガニのサイズはハサミを含めず、目元の頭の先から尾の先までで示します。
ハサミは切断していたり再生したりで、サイズが一定ではないので参考にならないからです。

その最初の一匹が採れてからのハンターぶりは凄かったです。
それまでタバコを吸いながら笑って私の様子を見ていた同行者達。
彼らが一斉に裸足になり臨戦態勢になった。
フォト

全員が無言で最初の一匹目を採る事に夢中です。
フォト

フォト

気がつけば皆で30匹ぐらい採りました。
フォト

余談だが、この車を止めた場所で、友人Mさんがウンコを踏んだ。
慌ててウンコの付着したビーサンを小川で洗い、戻ってきたMさんが再び同じウンコを踏んだ。
フォト

しかし、ここまでは小川に入っての手掴みで捕獲です。

ここからが本番。
場所を移動して本格釣り対決。
本格と言っても、そこらへんに落ちてる木の枝に糸を結んでスルメを(略
フォト

マイミクさんが別のマイミクさんに携帯借りて話していた際に落ちた沼
彼は腰まで沼にはまりながら、携帯を死守した。

皆が黙々と釣り上げる。

で、暫くして釣り飽きる。

そう、想像以上に簡単に釣れるのだ。
思えば小川での手掴みも簡単だった。

我々は気持ちを切り替えて、今回の第二目的を実行する。
それはズバリ「食う」事だ。
え?ザリガニ食べるの?バカなの?
そう言いたい気持ちはわかる。
確かに我々が子供の頃、ザリガニを食べる奇人が存在した。
たいてい、今思えば微妙にアウトなヤツだった。
それか、皆の前で言い出した手前、やめられずに勢いで食べたか。

そんな私の幼少期のトラウマを上書きする日が来た(え?
立派な大人が本気でザリガニを食べるのだ。
フォト

しかも捕まえたそばから茹でて。

念のため水道水で何度も荒い、日本酒でさらに洗う。
で、沸騰した塩水に生きたまま投下。
寄生虫(ジストマ)が怖いので10分以上茹でる。
フォト

真っ赤に茹で上がったザリガニを食べる。
巨大なハサミを見ると、普通のアメリカザリガニと違い、ロブスターに近いのが分かる。
フォト

もちろん最初の味見は私の出番だ。

感想を述べて、茹でたザリガニが皆の胃袋に収まるまでの時間は数分だった。
それぐらいの勢いで貪り食うほど美味かった。

次回はもっと沢山食べたい。
だから寒くなる前に再チャレンジしようと思う。

でもまだ遊び飽きない。
だから今週末は富士山に行ってきます。
爬虫類の仲間数人を連れて(ΦωΦ)

社会人の「ぼくなつ」はまだまだ続く・・・。



【追記】
*外来生物法に基づき特定外来生物に指定されているため、現在では無許可での飼育や譲渡、輸入等が禁じられています。これに違反した場合、懲役または罰金が科せられます。
スポンサーサイト

採集    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2010.08.07 Sat
迷惑な猫ババァ(動画あり)
暑いですね。

こんな暑い毎日を過ごすなか、それに拍車をかける勢いの暑くるしい日記です。
ほんとごめんなさい。
最初に謝っておきますので。
ほんとすいません。

えっと、誤解させてしまったようなので、一応弁解を。
猫大好きですよ。
小学生から大人になって実家を出るまで、家ではいつも猫飼ってました。
だから私の中で「ペットと言えば?」的な質問の答えは、即答で猫と答えます。
今でも猫は大好きです。
がしかし、残念ながら大人になって重度の猫アレルギーを発症してしまい、触れ合うことは叶わなくなりました。
マイミクさんの中には、私の激しいアレルギー反応を目の当たりにした方も数名おられるかと思います。
実際、いちばん辛いのは、大好きな猫に触れられない「逆シザーハンズ」的な体質です。
言うならば、カフェインアレルギーの珈琲好きみたいな感じです。
ニコチン中毒なのにニコチンアレルギーとか、アル中なのに下戸とか。

そんな私だからこそ、許せないことがあるんです。
それは、人の家の前に猫餌を撒く人種。
さらに大胆に、敷地内に進入して餌を撒く人種。
もちろん私に断りもなく。
糞尿被害で困っているノラ猫相手に、燃料補給していく最低な人種。
何度も注意していますが、最初は「猫に罪は無い」「おたくが飼ってあげれば済む話」「人間の決めた土地の境界線は猫に通用しない」と逆ギレされました。
その次はペコペコと謝りながら、立ち去りました。
そして翌日も平気で繰り返します。
最近は姑息にも、私が不在時を狙ってきます。
気がつくと、玄関前のアプローチには猫缶の中身や焼き魚の食いカスが散乱しています。
発見次第、ホースで流しながらデッキブラシで洗います。
猫缶の中身とか、コンクリートに染みて油汚れになります。
私の不在時に撒かれた食べ残しを、暗くなって帰宅した際に気付かずに踏んだ時の怒りが想像できますか?

この迷惑な猫ババァを退治しようと、この暑いなか私は立ち上がりました。
昨日、面と向かって注意しようとしましたが、逃げられました。
なので本日は作戦を変えて隠し撮りです。
モザイク無しの無修正です。
我が家の敷地は両サイドの隣家から奥まっております。
簡単な見取り図&カメラアングルです。
フォト


さぁ、では上記の構図で撮影した、脅威の迷惑映像の公開です。
アングルから分かるように、画面を左右に横切るのはセーフですが、カメラに向かって進んだ時点でアウトです。
まぁ詳細は見ればわかりますが。
猫ババァは一度立ち去り、再び通りかかるフリをしながら様子見しています。
少しでも我が家の前で注意されるリスクを減らす行動ですね。
しかも、この糞暑いなか、変装までしてくる周到さに呆れます。



どうですかこの動画。
「猫に罪は無い」とか、最初から百も承知なんでやんす。
一番憎むべきなのは、カワイイカワイイと言って餌だけやって満足する人間なんでやんす。
猫に限らず、動物は餌を食べたら糞をするでやんす。
糞だけでなく、尿も出すでやんす。
とても臭いですが、そこまで面倒をみて初めて「猫の世話をする」と言うのだと思います。
「人間が勝手に決めた境界線は猫に通用しない」とか言われても困るでやんす。
語尾に「~やんす」とか書いてソフトに訴えていますが、怒り心頭でやんす、実際は。
そりゃ我が家の敷地は人間が都合よく決めた人間だけのルールでやんす。
猫が関知しないのは仕方ないでやんす。
でも、動物レベルで考えたら、その敷地は人間が勝ち得たナワバリでやんす。
必死で戦って、それこそ血のにじむような努力の末に掴み取った自分の王国です。
あっ、お、王国で『やんす』あせあせ(飛び散る汗)
だから、自分のナワバリを持たない人間が、勝手に人のナワバリに入って荒らすのは許さないのでありんす。
例え猫には通用しなくても、人間には通用するはずのルールです。
悔しかったら自分のナワバリを作って、そこで『猫餌』という名の汚物を撒いて下さい。
それが出来ない人間が、勘違いした愛護精神を持ち出さないで下さい。で、やんす。
私の友人の中には、猫を飼っている人がたくさんいます。
血統証付も元ノラ猫も、それぞれが責任を持って飼っているでやんす。
ノラ猫に餌をあげる行為は、責任を持って飼ってる友人にも失礼でやんす。
カワイイだけでは猫は飼えないでござんす。
臭い糞尿の世話は知らんぷりで、餌をあげるだけの勘違いは今後も絶対に許さないでやんす。

だからと言って、じゃあ猫トイレも持ってくるから置かせろとか言ってもダメですけど。


それと、弁解とかの日記は正直もう書きたくないでやんす。
なので「○○さんが怒ってた」とか親切すぎるアドバイスは不要でござる。
そのアドバイスを聞いてしまったら、対応しないと今度はその人を軽視することになるのでやんす。
「あちきは ちゃんと蔵さんに伝えておいたんでやんすが、一向に対応しないでござんすね、あの野郎は」的な展開はこりごりでござる。
世の中には、知らないほうがいいこともあるのでござる。
いや、今度の件は誤解だから弁解しないとアレでしたけどね。
そういう観点で考えたら、今度のアドバイスは不要じゃなかったのかも知れませんが。
それが正確に伝わるまで、逆にボイスは消せなくなってしまった感じですが。
なんと言いますか…。

いろいろと息苦しいなぁ最近。


雑記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。