自分勝手な垂れ流しブログです。
未分類 | 雑記 | ヤスデ | 採集 | イベント | タマヤスデ | ダンゴムシ | ゴキブリ | ファイアサラマンダー | テグー | ソメワケ | 
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
蔵出しblog
≪2017.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017.10≫
ホームページ
プロフィール

kura

Author:kura
読んでも役に立ちません。
暇もつぶれません。
ほんとごめんなさい。

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
「未分類 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2017.01.07 Sat
新春
明けました。
年末は特に何もせず、明けて正月は完全に寝正月でしたよ。
徒歩5分の神社に初詣へいき、おみくじ引いて甘酒飲んで帰ってきました。

今年の抱負は

「何事も腹八分目」

これでいきます。
やりすぎちゃいけないんですよね、何事も。
身の丈に合った範囲で、程々に本気で、末永く頑張る。
そんな脱力感を前面に押し出して細々と生きます。
今年もよろしくー。
スポンサーサイト

未分類    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2016.07.18 Mon
エル・プサイ・コングルゥ
ワラダンは安定しています。
特に何も変化はありません。
安定しているということは、特別な試行錯誤的冒険もしていないということ。
つまり、手抜き(〃▽〃)

いやね、こう暑いとどうにも動きがにぶるんですよ、虫も人も。

そして愛車が修理から上がって3か月、再びの故障です。
今回はやばかった。
出先からの帰り道、中央高速の上り車線を走行中に前触れもなくエンジンの回転が急低下。
アクセル踏んでもみるみる減速して、必死に左の路側に退避。
ところが左の車線に移動したとたん、エンジンが奇跡の復活。
しかし、復活と同時にインパネにエンジン警告灯が点灯。
とりあえず次の八王子インターで高速を降り、一般道で帰還を目指す。
目標の修理工場は自宅から車で3分のところ。
距離はあるけど、もし一般道なら止まってしまってもレッカー呼んで近くの修理工場へ運ぶだけ。
とりあえず国道20号ルートで自宅を目指すも、それっきりエンジンの不調は皆無。
とりあえず修理工場に預けて安心したい一心で、祈るように地元を目指す。

かれこれ40分くらいかけて環八と20号の交差点に到着。
ここを右折して用賀方面に向かえば、5分で地元に着く。
20号の右折車線先頭で右にウインカーをつけて信号待ちをしていたら…
まさかまさかのエンジン完全停止。
慌ててエンジンを掛けると、再びすぐに掛かる。がしかし、再び回転数が落ちてエンジン停止。
信号はもうすぐ青になる。
もし交差点の真ん中で車が動かなくなったら、迷惑どころの騒ぎじゃない。
ちなみにGoogle先生で見るとこんな場所
208_R.jpg
心臓がバクバクする。
とりあえず自分の本能が、エンジンをギリギリまで掛けるなと警告している。
落ちつけ落ちつけと自分に言い聞かし、青になった瞬間にエンジンを掛けてアクセル全開ロケットスタート(笑)
見事に交差点を曲がり、環八に合流。
しかしここで再びエンジン停止。
ハザード出してすぐにエンジン掛けると何事もなく始動。
ここにきて、どうやらアクセルを吹かし続けると、不安定ながらもエンジンの完全停止は避けられることが判明。
やっと心に余裕ができて、ブレーキ踏みながらアクセルを吹かす運転(AT車です)でエンジン停止を回避しながら修理工場へ。

無事(?)修理工場へ到着し、ピットインの如くそのまま修理ブースへ直行。
すぐに店の人が出てきて、慣れた手つきで車にコンピューターを接続し、エラー診断。
するといくつかエラー信号が出て、一つずつ潰して原因を調べるといわれたので、車は預けて徒歩で帰宅。
チラッと見た時は「P-0230」というエラー番号が表示されていたので、帰宅して調べたらクランクシャフト・ポジション・センサーという箇所らしい。
部品代も数千円で買えることが判明。

後日連絡がきて、予想通りその場所が壊れているようだと診断され、修理代も工賃込みで高くても3万円以下といわれたので修理を依頼。
ところが話には続きがあった。

「そう思って部品の在庫を調べたら、即手配可能だったので、そこはOKなんですが、ひとつ問題が…」と。
ドキドキしながら先を促すと
「実はクライスラーに問い合わせてパーツの場所も聞いたのですが、お客様の車にはそこにそのパーツが着いていないのです」と。

正直、意味がわからす「え?どういうことですか?」と尋ねる。
「アメ車って、年式によって微妙にエンジンルーム内のレイアウトが違ったりして、本来ついている場所と違う場所に装着してあったりするんです」と。
修理工場の人曰く、見積もりを出そうにも壊れているパーツ自体の装着箇所が見つからないので、作業時間の予測も立たず、見積もりすら出せない状態らしい。
おまけに他の車の修理もあるので、うちの車は順番待ちで修理お預け。

そんなこんなで6月30日から車は預けたまま、一切作業が進まない状態。
もう棄ててしまい次の車を探そうかと考えながら、車検終わって3か月しか経っておらず、去年の暮れにオルターネータ交換もしたし、今度の修理代は3万以下なら今棄てるのは得策ではないと、頭の中がグルグル状態。

暑いのにエアコンの効いた車に乗れず、チャリで走り回っている今日この頃。
今日も買い物の為に自転車で30km以上走り周りました。

そんな海の日、東京日和。

未分類    Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑

2016.06.05 Sun
まだ生きてるよ
「僕はまだ生きてるよ
まだ生きてるよ
まだ生きてるんだよ
僕はまだ生きてるよ フゥフゥフゥ
まだ生きてるんだぞ」

ご存知、槇原敬之の「まだ生きてるよ」です。

先日の話ですが、友人と東レプ行ったら「逮捕されたらしいね」と知り合いに声掛けられました。
ここまでくると悪意しか感じません。
誰だよ嘘情報流してるのは(笑)

何度も書きますが、逮捕どころか取り調べもないし、そもそも犯罪行為はありません。
そろそろかんべんしてくださいませ。

あと、めんどーなので暫くはワラダン系のネタは書かないかも。
でも10月のとんぶりでは売りますよ。
カメルーンもニューカレドニアも数百円で売ります。
ヤフオクで高騰していますが関係ないです。
ボリバリも数百円。
てか、モザイク以外は面倒なので全部数百円以内で売ります。
モザイクは恐らく売りません。
初回販売時に購入者様たちと「暫くは売らない」と約束しましたので。
地味に殖えてはいますが、うちで殖えた分は全部抱えます(汗)
飼ってる人は大事にしてくださいませ。

あ、モザイクっていうのはコレですよ。
141231-135512_R.jpg
↑の写真についての質問には一切答えません(笑)
一応写真もしばらくUPしないように自粛しておりましたが、そろそろいいでしょう。
我が家では数年前から地味に殖やしております。
最近は入手困難みたいですね、世界的に。
生息地も限られており、かなり個性的な進化を遂げたダンゴムシですので、海外でも争奪戦です。
まぁ糞みたいに丈夫ですが、成長遅いし全然殖えないのでなかなか拡散しないのが現状のようです。

ペットとして飼うには良いダンゴムシですよ。
カメルーンより全然大きいです。
我が家では放置型飼育ですが健気に生きてます。

最近はもっぱら屋外型のアクティブな趣味がメインになっております。
屋内型の世話やり趣味では、コンタミと戦う無菌培養で植物を愛でております。
ワラダンは自分の中で下火です。
だって叩かれたりして正直面倒なんだもん(笑)

未分類    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

2016.04.11 Mon
アドバイザー
私には強力なアドバイザーが数人います。

皆さん博識で、私など足元にも及びません。
飼育歴や栽培歴も、私がオネショしていた頃から既に開始していた各分野のエキスパート(自称含め)
「お前そんなことも知らないのかよ!」とか「蔵さんね、そこは違うよ」と頻繁にアドバイスしてもらえます。

ただ、ここに大きな落とし穴があります。
それは各アドバイスの方向性が違うパターン。
いや、もちろんどちらのアドバイスも「なるほどー!」と説得力があるのですが、着地点が決定的に違うのです。
その場合、どちらも選べない状況になります。
ほとんどの場合、この状況になったら問題点を二度と口にしないことでクリアできます。
ただ、どうしてもカチ合っちゃう事もあるのです。
例えば「殖えない」「長期飼育できない」のパターン。
Aさんのアドバイスを取り入れるか、Bさんのアドバイスを取り入れるか。
さらっと両方の良いトコ取りでいけそうな気もしますよね・・・。
でも、その八方美人作戦ををやると泥沼になるのです。
結果が出た後に揉めます(実体験アリ)
「俺のアドバイス通りだっただろ」「いや、俺のアドバイスが有効だったはず」と。
「で、蔵さんはどっち側につくの?」みたいな。

こんな小学生の班分けバトルみたいなことが大人の世界でもおこるのです。

もちろん上記例文は内容を変更していますが、過去に大揉めになって派閥ができて、某店で出禁寸前になったこともあります。
これをイイ歳のおっさんたちが、なかば本気でやらかすのです(笑)

私の好きな爬虫類や虫の世界は、やや偏った人が夢中になりやすいせいか、往々にしてそのポテンシャルを秘めたひとが多いです。
もちろん真剣に考えて真剣にアドバイスしてくれるのですが、まぁ皆さん自己解釈を曲げないのです(笑)
と同時に、排他的な世界観を好む人も若干ですが存在します。
仲間内では明るく楽しい人なのに、新入りには異常に厳しいとか、揚げ足ばかりとって排除しようとします。

私は自分の興味を追求する過程で、必要だと感じたら人のアドバイスも素直に聞くので、瞬時に考えを180度変えることもあります。
でも、そうではない人が多いということも認識しております。

HPを持ってしまうと、この辺の問題は益々複雑化します。
もう飼育法とか写真とか学名とか、消してしまおうかと思うこともあります。
毎日キャッキャッ言いながら、ふわっとしたブログでも書いて問題出たらブログ記事を消して、あとは知らん顔とか(笑)

でも、HP作ってブログやらfacebookとか更新していると、この趣味を続けるうえでメリットが多いのも事実。
打算的な意味で、今後も続けるんだろうな(笑)
そういう意味では、排他的よりも打算的な方が断然ダークだと実感する深夜2時でした。

なんの話だっけ・・・
そうだアドバイザー。
あちらを立てればこちらが・・・的な話ですが、今後も事なかれ主義全開でスルスルといきますので宜しく。

以上!

未分類    Comment(8)   TrackBack(0)   Top↑

2016.03.15 Tue
昼夜平分
みなさんご存知の通り、昼夜平分といえば昼と夜がジャスト12時間、どちらもイーブンな状態のことです。
一日のうち、昼も12時間、夜も12時間。
夜型の人と昼型の人が同じ土俵で語り合える(?)貴重な日です。
日本国内でも緯度によって違いますが、東京は3月17日くらいだそうですよ。

全て今日読んだマンガの受け売りですがね。

さてさて、我が家のワラダンですが、2種類だけどうにも上手く回せない奴らがおります。
Porcellio expansusとPorcellio ornatus(モルフ)の2種類。
expansusは元々が高値だったので飼育当初から数が少なめで、現在までに3匹が落ちた程度ですが繁殖に至らず。
下の写真のornatusは安かったので30匹スタートでしたが、環境に馴染めず現在3匹という悲惨な状況。
160314-231750_R.jpg

そして、この2種類に共通する不可解な現象が「共食い」という点。
恐らく脱皮直後の柔らかい時に腹を食われて死んでいます。
テトラミン等の動物性飼料も与えていますが、どうにも防げません。
で、友人の友人のアドバイスから、ある餌を与えるべく、環境をリセットしました。
160314-232253_R.jpg

これでダメなら心機一転、再度入手してリスタートします。
つまり、それが書きたかったというお話(笑)
まぁ現在どうしても欲しいのはPDTだけなんですが、確認していないので入手できるかどうなのかも不明です。

それと、私にとって慎重にならざるを得ないソメワケネタ(笑)です。
古くからの知り合いはご存知だと思いますが、過去いろいろありまして表には登場していませんが、実は昔から飼ってます。
ちなみに現在は、10年以上続いているmixiのソメワケコミュ管理人でもあります。
10年前はこんなソメを殖やしていました↓
125567371_196_R.jpg
いろいろ問題が出てきて、この血統は現在存在しておりませんが、それはそれは白いソメワケでした。

で現在。
コーラルザンティック(US血統)とアネリを軸に、セコセコと殖やしております。
毎年とんぶりにも出しておりますが、噂では最近、国内産デザイナーズソメワケ()なんてのも存在するようです。
そこまで難しく考えなくても、単純に殖やすだけなら簡単なので、盛り上がっているようですね。
そんなソメワケですが、先日霧吹きしたらザンのベビーが自切しました。
160311-130250_R.jpg

霧吹きで驚いて自切って、メンタル弱すぎだろ(´・ω・`)

未分類    Comment(6)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。